てりはのいばら

谷崎潤一郎の小説『細雪』に登場する蒔岡姉妹をモチーフにしたセルフポートレート。

撮影ではかつて谷崎が実際に住んでいた打出の家(富田砕花旧居)や愛用の家具を用いた。衣装は、船場をルーツに持つ作家の祖母の着物や小物を使用し、大阪・阪神間で育った作家が『細雪』を通して見た阪神間のモダニズム、そして近代の女性像を現代の視点で再解釈する。


Top