谷原菜摘子

1989年埼玉県生まれ。2016年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了、2021年京都市立芸術大学美術研究科博士(後期)課程美術専攻(絵画)修了。2014年公益財団法人佐藤国際文化育英財団第24期奨学生、2015年第7回絹谷幸二賞、2015年京展・京都市美術館賞、2016年VOCA奨励賞、2018年京都市芸術新人賞、2021年第39回京都府文化賞奨励賞、梅原賞(京都市立芸術大学)などを受賞。黒や赤のベルベットを支持体に、油彩やアクリルのほかにグリッターやスパンコール、金属粉なども駆使し、「自身の負の記憶と人間の闇を混淆した美」を描く。2017年五島記念文化賞美術新人賞を受賞し、2017年秋〜2018年秋の1年間、旧五島記念文化財団の助成によりフランス・パリへ研修滞在。現在は帰国し、関西を拠点に制作活動を行なっている。


Exhibitions
Th_NATN_TB11

「まつろわぬもの」
2019年10月15日-11月10日

「うきよの画家」
2021年5月26日-6月6日
「紙の上のお城」
2021年5月26日-6月20日


Works

Further readings

中井康之「現代の「浮世」絵師 -谷原菜摘子の絵画-」『谷原菜摘子:まつろわぬもの』MEM、2019年、2–3頁


インタビュー映像

 


Publication

『谷原菜摘子 うきよの画家』
サイズ|280×225mm
頁 数|64頁、図版35点
製 本|ソフトカバー
テキスト|中井康之、森村泰昌
デザイン|田中義久
言 語|日本語
出 版|MEM
助 成|公益財団法人東急財団
出版日|2021年5月26日
価 格|3,000円(税込)

 

Top