L_05_web


山口典子展「繰り返される物語」

会期|2020年2月6日(木) – 3月1日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

アーティストトーク / オープニングレセプション
日時|2月8日(土) 18:00 〜
ゲスト|本田健 (画家)
会場|MEM
参加費|無料
*過去の映像作品の上映もいたします。(約30分)
*トーク終了後にオープニングレセプション開催

山口は京都市立芸術大学大学院絵画コース油画専攻修了。KEITAI GIRL(2004-2015)、PEPPERMINT GIRL(2007)などのシリーズで、ネット社会における人間のコミュニケーション感覚の変容や、独特な皮膚感覚に基づいた作品を発表してきた。人間の感覚や感情、コミュニケーションのあり方を主題に、アナログとデジタル表現を行き来しつつ、写真、ビデオ、パフォーマンス、立体、アニメーション、漫画、時には3Dプリンターやソフトも駆使し、実に幅広く展開してきた。多様な技法を扱う中でもドローイングと絵画は継続して描いてきたという。本展では、近年特に精力的に描いている油彩作品を展示する。
オープニングでは過去に制作したストップモーションアニメーションの代表作品も上映する。

山口典子 (Noriko Yamaguchi)
2007年京都市立芸術大学大学院絵画コース油画専攻修了。KEITAI GIRL、PEPPERMINT GIRLなどのシリーズで、ネット社会における人間のコミュニケーション感覚の変容や、独特な皮膚感覚に基づいた作品を写真、ビデオ、パフォーマンス等で展開し、3Dプリンターによる立体作品も手がける。近年は絵画制作に取り組み、3Dスキャンでデータ化した人物像をデジタル上でコラージュして構図を練り、油彩で描くという手法も取り入れている。主な展覧会歴に、2015年個展「Plaque」MEM(東京)、「第七回恵比寿映像祭」東京都写真美術館、2017年「かけがわ茶エンナーレ」掛川城竹の丸2F貴賓室(静岡)、2019年「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」(兵庫)など。主な受賞歴に、2004年第一回現代美術コンクール入賞 (大阪府立現代美術センター)、2018年Sovereign Art Prize入選 (香港)など。

なお、本展は第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」地域連携プログラム YEBIZO MEETSの参加企画として開催する。
連携イベント
恵比寿映像祭ラウンジトーク「時間を比べる——作家の人生/作品」
出演|山口典子(美術家)/石田克哉(画廊主[MEM])
日時|2020年2月15日(土) 16:30‒17:30
会場|東京都写真美術館2Fロビー
入場|無料