アイェレット・ゾーハー氏レクチャー “Portraiture and Otherness: Photography and Identity in Japan”  

Event
2013/09/28

現在エルサレムのヘブライ大学の東アジア学科での教鞭をとっているゾーハー博士は、美術批評家、キュレーター、アーティストとしても活躍。日本の現代美術を紹介する「ポストジェンダー」展を2005年にハイファのティコチン美術館で開催、2009年に同名の書籍をCambridge Scholarsから出版。専門はヴィジュアルカルチャー、写真史、現代写真、ビデオアート、インスタレーションなど。ゾーハー氏の来日に併せ、日本における写真とアイデンティティの関わりを、細江英公、東松照明、澤田知子、後藤勝、ホンマタカシ、森村泰昌、そして展覧会開催中の牛腸茂雄らの作品を例に挙げ語って頂きます。

講師:アィヤレット・ゾーハー氏
日時:2013年9月28日(土) 14:00〜
会場:MEM
日本語通訳:近藤亮介氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論)
定員:先着30名 (参加無料)

Top