Imagining Distances on Artsy’s viewing room

Information
2020/11/11

Artsyのオンライン展示「Viewing room」にて、大森克巳、牛腸茂雄、元田敬三の3名の作品を紹介しています。
期間|2020年11月6日–11月29日
詳細
Viewing roomの閲覧にはArtsyの会員登録が必要です。(無料)

【展示作家:シャルル・フレジェ】

Related Exhibition
2020/11/04

以下の展覧会に、シャルル・フレジェが参加します。《YOKAINOSHIMA》シリーズから4点展示いたします。

諸星大二郎展 異界への扉

会場|北海道立近代美術館
会期|2020年11月21日(土)-2021年1月17日(日) *会期中、展示入れ替え有り

詳細

【展示作家:谷原菜摘子】

Related Exhibition
2020/10/30

以下のグループ展に谷原菜摘子が参加します。

「ファルマコン-連鎖/反応」

会場|アトリエみつしま (京都)
会期|2020年12月8日(火)-12月25日(金)

詳細

【展示作家:大森克巳】

Related Exhibition

大森克巳の作品集とプリントが展示・販売されます。

「M, Through the Pandemic」

会場|代官山T-SITE 蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース
会期|2020年11月9日(月) - 11月15日(日)

詳細

連続トークイベントの第三夜には、大森克巳も参加いたします。

日時|11月13日(金)20:00~21:00
出演|大森克己、岩根愛、町口覚
オフライン(代官山 蔦屋書店内)とオンライン同時開催イベントです。
お申し込み時に来店参加または、オンライン参加のいずれかをお選び頂き、ご参加下さい。
参加申し込み、詳細はこちらから

町口氏と仕事をともにしてきた大森克己氏と岩根愛氏。大森氏と岩根氏はともに90年代以降、現在にいたるまで途切れることなく作品制作を続けており、「桜」など共通するテーマにも取り組んでいます。多くの人の価値観さえも変えてしまう今現在、写真家たちは何を思考しているのでしょうか。また、これからどのようなかたちで時代と社会に対峙し、作品を制作していくのでしょうか。そして、造本家として町口氏はこのふたりに何を期待しているのでしょうか。
社会のうごめきを予感し、時代の波を受けとめてきた写真家としての態度に触れられる夜になるかもしれません。

【参加作家:北野謙】ワークショップ

Related Exhibition
2020/10/18

北野謙がワークショップ講師として参加します。

「道草日光写真」

会場|水戸芸術館現代美術ギャラリー
会期|2020年10月24日(土)、25日(日)
予約制

詳細

【展示作家:石原友明、森村泰昌】

Related Exhibition
2020/10/10

以下のグループ展に石原友明、森村泰昌が参加します。

「京都市京セラ美術館開館記念展
京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編
-江戸から現代へ-」

会場|京都市京セラ美術館
会期|2020年10月10日(木)-12月6日(日)

【展示作家:松井智惠】

Related Exhibition
2020/10/09
CADAN_Showcase

以下のグループ展に松井智惠が参加します。2000年制作の映像作品《She Dissolve》と、同時期に描かれたドローイングを1点展示いたします。

CADAN Showcase 04「形式と形状 (form/at)」
会場|CADAN 有楽町 (東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F)
会期|2020年10月9日(金)-11月1日(日)
時間|火〜金 11:00-19:00 / 土、日、祝 11:00-17:00
定休|月曜日(祝日の場合は翌平日)

「CADAN有楽町」では、オープンを記念してメンバーギャラリーが参加するシリーズのグループ展「CADAN Showcase」を4回に渡って開催中です。シリーズ最終回となる本展はSatoko Oe Contemporaryの大柄聡子がキュレーションを担当します。

“アーティストが物事や事柄を捉え作品へと変換させるとき、どのような形式を用い、どのような形状として存在させうるのか。「形式」と「形状」という、ある種、意味がスライドし地割れを起こしているような言葉の、そのヒビの隙間から滲むアーティストの思考をなぞることができるような機会にしたいと思っております。” -大柄聡子(Satoko Oe Contemporary)

展覧会詳細

アポイント制の営業のお知らせ

Information
2020/10/08

次回の展覧会までアポイント制にて営業しております。
ご来店希望日とご希望時間を、前日の16時までにメールにてご連絡ください。

【展示作家:児玉靖枝】

Related Exhibition
2020/09/30

以下のグループ展に児玉靖枝が参加します。

「平面と立体-共鳴するノスタルジア」

東京展
会場|高島屋日本橋店本館6階美術画廊
会期|2020年9月30日(水)-10月6日(火)

京都展
会場|高島屋京都店6階美術画廊
会期|2020年10月14日(水)-10月20日(火)

大阪展
会場|高島屋大阪店6階美術画廊
会期|2020年10月28日(水)-11月3日(火)

名古屋展
会場|ジェイアール名古屋タカシマヤ10階美術画廊
会期|2020年11月18日(水)-11月24日(火)

モノとコトとカラダをめぐって-6つの視点

2020/09/04

モノとコトとカラダをめぐって-6つの視点
出展作家|石原友明、北野謙、北山善夫、谷原菜摘子、三島喜美代、森村泰昌
会  期|2020年9月5日(土) – 10月4日(日)
会  場|MEM  map
営 業 日|木、金、土、日 (9/17は16時までの営業)
営業時間|13:00–19:00
電  話|03-6459-3205

【感染予防ご協力のお願い】
感染予防対策のため、NADiff A/P/A/R/T全体短縮営業になっております。以下の要領でご協力いただけましたら幸いです。
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

展覧会詳細ページ

【連続講座】現代美術を読み解く|講師 山本浩貴

Event
2020/09/03

海外の未訳の美術批評、美術史等を山本浩貴さんを講師に迎え一緒に読み進むワークショップセミナーを以下の要領で開講致します。

講  師|山本浩貴 (東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)
     2010年、一橋大学社会学部卒業。2018年、ロンドン芸術大学にて博士号(芸術)を取得。
     アジア・カルチャー・センター(韓国・光州)や香港理工大学などでのポスドクを経て、現職。
     主な著作『現代美術史』中公新書他。
参加人数|各回5名まで (事前申込制。定員になり次第締め切り。)
テキスト|Justin Jesty, “Art and Engagement in Early Postwar Japan”, 2018
     ※参加者は毎回事前の英文テキストの読み込みとワークショップでの翻訳作業が求められます。
会  場|MEM
お申込み|メールを送る
開 催 日|全5回 (予約状況 ◎余裕あり、○残り2名、△残り1名、×満席)
     9月22日(祝・火) ×
     9月29日(火) ×
     10月6日(火) ×
     10月13日(火) ×
     10月20日(火) ×
時  間 |各回19:00〜21:00 (10分間休憩)
受 講 料|1回1,000円(税込)
     全5回通し4,500円(税込)
     ※受講前に会場にて現金でお支払いください。
     ※全5回通しの場合は、初回にまとめてお支払いいただきます。お支払後の返金はできませんのでご了承ください。

三島喜美代展

2020/07/04

7/5を最終日としておりましたが、ご好評につき7月12日(日)まで延長いたします。

三島喜美代展
営 業 日 7/4(土)・7/5(日)・7/9(木)・7/10(金)・7/11(土)・7/12(日)
営業時間 13:00-19:00
定 休 日 月・火・水

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

営業再開と三島喜美代展会期延長のお知らせ|Announcement of reopening

Information
2020/06/03

新型コロナウイルス拡大防止のため4月より臨時休業しておりましたが、緊急事態宣言解除に伴い、以下のように営業日と時間を短縮して段階的に再開いたします。今後の状況を鑑みて営業時間を調整する場合は、ウェブサイトおよびSNS( Twitter @MEM_INC )でお知らせいたします。

6月6日(土)より再開:三島喜美代展 [会期延長7月5日(日)まで]
営業日:木、金、土、日(月~水はお休みさせていただきます。)
営業時間:13:00–19:00

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

We are pleased to announce that MEM will reopen on June 6, following temporary closure in order to prevent the spread of COVID-19.
We will extend the exhibition period of Kimiyo Mishima until July 5.

The business days and opening hours will be changed as follows.
Business days is from Thursday to Sunday
Opening hours is from 1pm to 7pm

Requests to visitors:
• Please refrain from visiting the gallery if you have a fever or cold symptoms such as cough, sneeze, and a runny nose.
• Please practice good etiquette by wearing a mask, and disinfecting your hands. Visitors who do not wear masks will kindly be refused entry.
• Up to five people are allowed to visit exhibition at any one time.
• Please keep social distance from other visitors inside the gallery.
• Please do not touch the exhibits.

三島喜美代展

2020/05/31

会期|2020年3月14日(土) – 4月12日(日)7月12日(日)まで延長します。
会場|MEM map
営業日|木、金、土、日(月~水はお休みさせていただきます。)
営業時間|13:00–19:00
電話|03-6459-3205

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

展覧会詳細ページ

臨時休廊延長のお知らせ|Temporary Closure Extension

Information
2020/05/06

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い4月7日に発令された緊急事態宣言を受け、5月31日まで臨時休廊を延長いたします。
その後の営業につきましては、引き続き政府からの情報など今後の状況を鑑みながら検討を重ねて慎重に判断し、5月下旬ごろにウェブサイトおよびSNS(Twitter @MEM_INC)でお知らせいたします。
営業再開を楽しみにされていた皆さまには多大なるご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、作家や作品についてのお問い合わせはメール(art@mem-inc.jp)、電話(03-6425-9482)にて受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

MEM is extending the closure at least through May 31, with the rapid expansion and the uncertain situation of COVID-19 infection, considering the prevention of COVID-19 infection and in response to the requests from the Japanese government.

The reopening date of Kimiyo Mishima’s exhibition will be posted in the end of May on the official website and SNS.

For enquiries please contact: art@mem-inc.jp

We apologize for the inconvenience and appreciate your understanding and cooperation.

臨時休廊のお知らせ

Information
2020/03/31

週明けの新型コロナウィルス感染者数の急増に伴い、4月1日(水)より当面のあいだ休廊いたします。
開催中の三島喜美代展につきましては、状況を見ながら改めて再開の時期をウェブサイトやSNS等でお知らせいたします。
急なご案内となり、ご来廊を予定されていた皆様には申し訳ございません。

皆様の安全と健康を最優先に感染防止に協力する所存でございます。ご理解ご協力いただけましたら幸いです。

なお、作家や作品についてのお問い合わせはメール(art@mem-inc.jp)、電話(03-6425-9482)にて受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

臨時休廊と営業時間変更のお知らせ

Information
2020/03/26

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、MEMは3月28日(土)、29日(日)を臨時休廊とさせていただきます。なお、開催中の三島喜美代展は3月31日(火) – 4月12(日)の間、営業時間を12:00-19:00に短縮し引き続きオープンいたします。
みなさま各自のご健康を優先させ、ご無理の無い範囲でお越しくださいませ。

三島喜美代展
《営業時間変更》
2020年3月27日(金) 12:00–20:00
2020年3月28日(土)、29日(日) 臨時休廊
2020年3月31日(火) – 4月12日(日) 12:00–19:00

【休止中】三島喜美代展

2020/02/20

会期|2020年3月14日(土) – 4月12日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、予定しておりましたオープニングレセプション、アーティストトークは中止といたします。
ご参加を予定されていた皆様には誠に申し訳ございません。何卒ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

展覧会詳細ページ

山口典子展「繰り返される物語」

2020/01/20

会期|2020年2月6日(木) – 3月1日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

展覧会詳細ページ

Gallery Artists Group Show

Information
2020/01/07

会期|2020年1月11日(土) – 1月26日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

ギャラリーアーティストから絵画作品を中心とした常設展です。
営業時間を変更する可能性があります。
当日の営業時間についてはTwitter(@MEM_INC)でご確認ください。

年末年始休廊のお知らせ

Information
2019/12/22

2019年12月27日(金) 〜 2020年1月5日(日)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。

MEM will be closed from Dec. 27, 2019 through Jan. 5, 2020 for the winter holidays.

本田健展『水のおちつき』

2019/11/01

会期|2019年11月29日(金) – 12月22日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

アーティストトーク / オープニングレセプション
日時|11月29日(金) 19:00 〜

アーティストトーク / クロージングパーティ
日時|12月22日(日) 17:00 〜

詳細

谷原菜摘子展「まつろわぬもの」

2019/09/12

会期|2019年10月15日(火) – 11月10日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

【ギャラリートーク】
日時|2019年11月2日(土) 17:00 〜
参加無料
展示作品にまつわる物語を谷原さんにお話しいただきます。

アーティストトーク/オープニングレセプション
ゲスト|中井康之 (国立国際美術館学芸課長兼副館長)
日時|10月19日(土) 18:00〜 
参加無料
*対談終了後にオープニングレセプション開催

詳細

K・P・S 小林祐史 植木昇 二人展

2019/09/10

会期|2019年9月14日(土) – 10月6日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

詳細

夏季休廊のお知らせ | Summer Holiday Information

Information
2019/07/26

2019年8月11日(日)-9月2日(日)まで、夏季休廊とさせていただきます。
We will be closed from August 11th (Sun.) to September 2nd (Sun.) for the Summer Holidays. We wish you a great summer vacation.

元田敬三展

2019/06/26

会期|2019年7月12日(金) – 28日(日)
会場|MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T3F)
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

詳細はこちら

北山善夫展「事件」

会期|2019年5月18日(土) – 6月16日(日)*6月23日(日)まで会期延長
会場|MEM
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

オープニングレセプション
日時|2019年5月18日(土) 18:00〜
会場|MEM

詳細

【展示作家:松井智惠】

Related Exhibition
2018/04/11

《青蓮丸、西へ》
愛媛県松山市「道後温泉」では4年ぶりにアートの大祭「道後オンセナート2018」が開催され、松井智惠が参加しています。
作家は道後と自身の故郷、大阪を繋ぐ古の出来事を取材し、時空を越えた旅物語《青蓮丸、西へ》を創作しました。旅館「さち家」にあらたに作られたシンプルな白い壁の小さなギャラリー全体で物語を体験できる新作インスタレーションを展示しています。会場入り口では物語の綴られたリーフレット「桃源郷通行 許可証」も配布しています。

道後オンセナート2018

会期| 2018年4月14日 – 2019年2月28日
会場|道後 湯の宿 さち家 (愛媛)
見学時間|15:00-20:00 (予約不要)
*月2回不定休あり
見学料金|お客様任意でのお支払い

詳細

児玉靖枝展『Asyl』

2018/04/10

会期|2018年4月28日(土) – 5月27日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205
アーティストトーク|4月28日(土) 18:00〜 参加無料
*トーク終了後にオープニングレセプション開催

詳細

三島茂司 三島喜美代 二人展

2018/03/03

会期|2018年3月24日(土) – 4月15日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205
三島喜美代アーティストトーク|3月24日(土) 18:00〜 参加無料
*トーク終了後にオープニングレセプション開催

詳細

戸島麻貴 展『imaginary lines』

2018/01/28

会期|2018年2月8日(木) – 25日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205
Opening reception|2月9日(金) 19:00〜

詳細

丹平写真倶楽部の三人展: 音納捨三、河野徹、椎原治

2017/12/26

会期|2018年1月6日(土) – 28日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

Information
2017/12/25

2017年12月29日(金) 〜 2018年1月4日(木)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。
MEM will be closed from Dec. 29, 2017 through Jan. 4, 2018 for the winter holidays.

北野謙展『光を集めるプロジェクト』

2017/10/20

会期|2017年11月25日(土) – 12月24日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
tel. 03-6459-3205
作家対談企画|11月25日(土) 19:00〜 (参加無料)
       ゲスト:梅津元 (埼玉県立近代美術館主任学芸員 / 芸術学)
*トーク終了後、オープニングレセプションを開催

詳細

三島喜美代展『Early Works』

2017/09/20

会期|2017年10月7日(土) – 11月5日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
tel. 03-6459-3205
アーティストトーク|10月7日(土) 18:00〜
*トーク終了後、オープニングレセプションを開催

詳細

水田寛展『鳴らない太鼓』

2017/08/10

会期|2017年9月2日(土) – 10月1日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

[作家対談企画]
日時|9月2日(土) 18:00〜
会場|MEM
ゲスト|関 昭郎 (東京都庭園美術館 事業企画係長)
参加無料

**対談終了後、オープニングレセプションを開催

詳細

夏季休廊のお知らせ | Summer Holiday Information

Information
2017/08/03

2017年8月14日(月)-23日(水)まで、夏季休廊とさせていただきます。
We will be closed from August 14th (Mon.) to 23rd (Wed.) for the Summer Holidays. We wish you a great summer vacation.

次回展覧会 | Upcoming exhibition
水田寛展「鳴らない太鼓」 2017年9月2日(土)-10月1日(日)
Hiroshi Mizuta solo exhibition September 2nd – October 1st, 2017

アントワン・ダガタ展『corpus』

2017/06/14

会期|2017年7月15日(土) – 8月13日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00 
定休日|月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205
オープニングレセプション|2017年7月15日(土) 18:00 –

[関連映画上映会]
アントワン・ダガタ監督映画『ATLAS』(2013)

入場料:1,800円
上映:4時間 (途中10分休憩)
定員:各回15名
会場:MEM (NADiff A/P/A/R/T 3F)
上映スケジュールはこちら
*予約・受付先着順に整理券を配布します。
*映像には性的表現を含む刺激の強い場面が含まれています。予めご留意ください。

詳細、ご予約はこちらのページをご覧ください。

松井智惠展『Picture -絵の仲間-』

2017/05/01

会期|2017年5月13日(土) – 6月11日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00 
定休日|月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

オープニングレセプション
日時|2017年5月13日(土) 18:00〜
会場|MEM

[作家対談企画]
日時|5月19日(金) 19:00〜
会場|MEM
ゲスト|大久保美紀 [パリ第8大学造形芸術学部授業担当講師, TEAMeD (Théorie Epérimentation Arts Médias et Design)研究員]
参加無料

詳細

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ | Holiday Closing Schedule

Information
2017/04/19

ゴールデンウィーク期間2017年5月3日(金)〜8日(月)は休廊とさせていただきます。

MEM will be closed from May. 3rd through 8th for the Golden Week Holiday.

本田健 展『ゆきつき』

2017/03/16

会期|2017年4月1日(土) – 30日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細

椎原治展

2017/02/28

会期|2017年3月4日(土) – 26日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

対談企画
金子隆一 (写真史家) × 椎原保 (美術家)
日時|2017年3月4日(土) 18:00〜
会場|MEM (参加無料)

詳細

Melting Point 2|伊東宣明、稲垣智子、大﨑のぶゆき、小泉明郎、松井智惠

2017/02/02

会期|2017年2月9日(木) – 26日(日)
作家|伊東宣明、稲垣智子、大﨑のぶゆき、小泉明郎、松井智惠
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細

坂上チユキ展「陽性転移 第二章: 青い小品集」

2016/12/24

会期|2017年1月14日(土) – 2月5日(日)
会場|MEM map
open hours|12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

Information
2016/12/13

2016年12月28日(水) 〜 2017年1月3日(火)、および2017年1月7日(土) 〜 9日(月・祝)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。
MEM will be closed from Dec. 28 through Jan. 3, Jan. 7 – 9, 2017 for the winter holidays.

石原友明展「拡張子と鉱物と私。」

2016/11/15

会期|2016年11月26日(土) – 12月25日(日)
営業時間|12:00-20:00
定休日 | 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
電話 | 03-6459-3205

レセプション
日時:11月26日(土) 18:00-
会場:MEM

[対談企画]
出演:梅津元(埼玉県立近代美術館学芸員/芸術学)、石原友明
日時:11月27日(日) 16:00-
会場:MEM
参加費:無料

詳細

森村泰昌展「私」の創世記

2016/08/11

会期・会場|
第一部 卓上の都市     MEM(3F) 前期 9月2日(金) – 10月2日(日)
                      後期 10月4日(火) – 11月6日(日)
第二部 彷徨える星男   MEM(2F) 9月2日(金) – 10月2日(日)
第三部 銀幕からの便り NADiff Gallery (B1F) 9月2日(金) –

10月10日(月・祝日)
open hours|12:00-20:00
closed |月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel | 03-6459-3205
詳細

対談企画
[OPENING TALK]
「写真」の中を覗きこむ
出演:森村泰昌、鳥原学(写真評論家)
日時:9 月3

日(土) 18:00-
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内
参加費:1,000 円

[TALK EVENT]
「写真」に耳を傾ける
出演:森村泰昌、藤原えりみ(美術ジャーナリスト)
日時:10 月8 日(土) 15:00-
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内
参加費:1,000 円
各回のトーク予約はこちらから
NADiff a/p/a/r/t website

児玉靖枝展「深韻 – 白」

2016/05/01

会期:2016年5月21日(土) – 6月26日(日)
会場:MEM map
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

対談企画
峯村敏明(美術評論家)x児玉靖枝
6月4日(土) 18:00〜
会場 MEM 参加無料

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ | Holiday Closing Schedule

Information
2016/04/22

下記のゴールデンウィーク期間は休廊とさせていただきます。
2016年4月29日(金)〜5日(木)
MEM will be closed from Apr. 29 through May. 5 for the Golden Week Holiday.

シャルル・フレジェ展「BRETONNES」会期延長のお知らせ

Information
2016/02/06

会期:2016年2月10日(水) – 3月13日(日)*4月10日(日)まで会期延長
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細

坂上チユキ展「陽性転移 第一章: 中国趣味」

2015/12/27

会期:2016年1月9日(土) – 2月7日(日)
会場:MEM map
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

詳細・・・

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

Information
2015/12/24

2015年12月28日(月) 〜 2016年1月8日(金)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。

MEM will be closed from Dec. 28 through Jan. 8 for the winter holidays.

アントワン・ダガタ展『Aithō』

2015/11/20

会期:2015年11月28日(土) -12月27日(日)
会場:MEM map
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

オープニングトーク:12月4日(金) 19:00 –
保坂健二朗 (東京国立近代美術館・主任研究員) × アントワン・ダガタ

会場:NADiff a/p/a/r/t 1階書店内
参加費:1000円 定員50名 事前予約:TEL 03-3446-4977
*トーク後サイン会、および2階MEMにてオープニングレセプション開催

詳細

水田寛展『やわらかいしかく』

2015/09/23

会期:2015年10月3日(土) -11月1日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

オープニングレセプション:10月3日(土) 18:00 – 20:00

詳細

夏季休廊のお知らせ

Information
2015/08/13

2015年8月13日(木)〜30日(日)まで、夏季休廊とさせていただきます。
9月はグループ展を開催、10月3日〜11月1日は水田寛展「やわらかいしかく」を開催いたします。

大森克己展 “when the memory leaves you” – sounds and things vol.2

2015/06/28

会期:2015年7月11日(土) – 8月9日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

オープニングレセプション:7月11日(土) 18:00 – 20:00
関連対談企画:8月1日(土) 18:00 – 20:00
       若林恵(『WIRED』日本版 編集長) × 大森克己
       会場 MEM 参加無料

sandt002ss

詳細

連休期間中の休廊のお知らせ | Holiday Closing Schedule

Information
2015/05/02

2015年5月3日(日) 〜 6日(水)の間、休廊いたします。

MEM will be closed from May 3rd through 6th for the holidays.

澤田知子『FACIAL SIGNATURE』&『Kawaii』刊行記念トーク+サイン会

Event
2015/04/08

澤田知子の2冊の写真集の刊行を記念して、トーク&サイン会が開催されます。

『FACIAL SIGNATURE』&『Kawaii』刊行記念トーク+サイン会
日 時:2015年4月18日[土] 18:00 – 20:00
    ※トーク終了後サイン会
開 場:17:30
場 所:NADiff a/p/a/r/t 店内
入場料:1,000円
(写真集『FACIAL SIGNATURE』あるいは『Kawaii』を当日NADiff a/p/a/r/tにてご購入の方は無料)
ご予約:TEL. 03-3446-4977
    MAIL. webshop@nadiff.com

新刊『Kawaii』はどこよりも早くお手にとってご覧いただける機会です。空席があれば当日予約無しでも参加可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細

澤田知子展 FACIAL SIGNATURE

2015/03/09

会期:2015年3月14日(土) – 4月19日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

【オープニング対談企画】
日時:3月14日(土) 18:00〜19:30
ゲスト:畑祥雄 (写真家・映像プロデューサー、関西学院大学総合政策学部メディア情報学科教授)
会場:MEM 
参加無料 / 定員先着30名

*対談終了後、オープニングレセプションを開催いたします

詳細

山口典子 展『プラーク』

2015/01/26

会期:2015年2月7日(土) – 3月8日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

オープニングレセプション:2015年2月7日(土) 18:00〜20:00

関連対談企画:2015年2月28日(土) 18:00〜
       島谷直志 (株式会社A-Lab CBO) × 山口典子
       会場 MEM (参加無料/定員先着30名)

詳細

林ナツミ展 『本日の浮遊』加速する自由

2015/01/20

NTHA_TL0507

新宿高島屋10階美術画廊にて、林ナツミさんの個展が開催されます。
*昨年より日本橋髙島屋6階美術画廊Xで開催されていた展覧会に、新しいプリントを加えての巡回展になります。

■林ナツミ展 -『本日の浮遊』加速する自由 新宿展
期間:2015年1月28日(水)~2月9日(月)
時間:午前10時~午後8時(最終日は午後4時閉場)
場所:新宿髙島屋10階美術画廊
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL:03-5361-1111(代表番号)
※1月30日(金)・31日(土)は午後8時30分まで

【告知】
作家によるギャラリーツアーを開催いたします。
日時:2月3日(火)14:00〜 (参加無料)

詳細は新宿タカシマヤBlog

北山善夫展「大声で笑い歌い、時には泣き」

2015/01/10

北山善夫さんの個展が東近江市にて開催中。1986年から2010年に制作された絵画、彫刻、インスタレーションが一堂に展示されます。

20150110kitayama

北山善夫展(東近江市ゆかりの芸術家シリーズVol.6)
「大声で笑い歌い、時には泣き」

開催期間:2015年1月10日(土) – 30日(金)
時間:午前9時30分~午後5時
休館日:1/13、1/19、1/26
会場:八日市文化芸術会館
展示室:入場料無料

詳細

石原友明 展『透明人間から抜け落ちた髪の透明さ』

2014/12/14

会期:2014年11月29日(土) – 2015年1月18日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]*年末年始休廊12月26日-1月7日
tel. 03-6459-3205

オープニングレセプション:2014年11月29日(土) 18:00〜20:00
クロージング対談企画:2015年1月17日(土) 18:00〜
                                 山本和弘(栃木県立美術館 シニア・キュレーター) × 石原友明
                                 会場 MEM (参加無料)

詳細

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

Information

2014年12月26日(金) 〜 2015年1月7日(日)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。

MEM will be closed from Dec. 26 through Jan. 7 for the winter holidays.

PARIS PHOTO 2014, Stand C49

2014/11/07

11月13日よりパリのグラン・パレで開催される「PARIS PHOTO 2014」へ出展致します。
日時:2014年11月13日(木)– 16日(日)
会場:Grand Palais (Avenue Winston Churchill 75008 Paris)
スタンド:C49

MEM will take part in PARIS PHOTO, at Grand Palais.
Dates:November 13 Thu. – 16 Sun.
Venue:Grand Palais map
Stand:C49

parisphoto-logo_s

詳細 / more…

北山善夫 展『宇宙図』

2014/10/15

会期:2014年10月18日(土) – 11月16日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

オープニングレセプション:10月18日(土) 18:00〜

詳細

AXIS PHOTO MARCHE

2014/10/04

DMH1_s
10月15日より六本木アクシスギャラリーで開催のアートフェア、「AXIS フォトマルシェ」へ出展致します。
日時:2014年10月15日(水) – 19日(日)
         11:00-19:00 (但し最終日は17:00まで)
会場:アクシスギャラリー (港区六本木5-17-1 アクシスビル4F)
入場料:無料
主催:アクシスギャラリー
協力:一般社団法人 日本芸術写真協会、ゼラチンシルバーセッション実行委員会 他

MEM will take part in AXIS PHOTO MARCHE, at AXIS Gallery.
Dates:October 15 Wed. – 19 Sun. 11:00 – 19:00
    (11:00 – 17:00 on the last day)
Site : AXIS GALLERY
        (F4 AXIS Building, 5-17-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo)
Admission free

詳細 / more…

松井智惠展『一枚さん』

2014/08/23

会期:2014年9月12日(金) – 10月13日(月・祝)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [月曜祝日の場合は開廊、翌日休廊]
tel. 03-6459-3205

<関連企画>
松井智惠映像作品上映会

会期:9月12日(金) – 15日(月・祝)
時間:12:00 – 20:00
会場:NADiff Gallery (NADiff A/P/A/R/T B1)
ゲストキュレーター:青山勝 (大阪成蹊大学 / 視覚文化論)
*Heidiシリーズから最新作を含む全8作品を上映いたします。

対談会
「映像作品をめぐって 青山勝 × 松井智惠」

日時:9月13日(土) 17:30 –
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内 (NADiff A/P/A/R/T 1F)
参加無料
*対談会終了後、オープニングレセプションを開催いたします。

詳細

HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR

2014/08/20

9月4日より代官山ヒルサイドフォーラムで開催のアートフェア、「HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR」へ出展致します。

日時:2014年9月4日(木)– 7日(日) 11:00-19:00
(但し最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム
入場料:1,500円/学生:1,000円
主催:一般社団法人日本芸術写真協会

MEM will take part in HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR, at Daikanyama Hillside Forum.

Dates: September 4 Thu. – 7 Sun. 11:00 – 19:00
    (11:00 – 17:00 on the last day)
Site : Daikanyama Hillside Forum
Admission fee : ¥1,500 / Student : ¥1,000
Organizer : Fine-Art Photography Association

htpf_f_s

詳細 / more…

夏期休廊のお知らせ

Information
2014/08/06

下記の期間は夏期休廊とさせていただきます。

2014年8月11日(月) – 20日(水)

北野謙 展「いま、ここ、彼方」

会期:2014年7月5日(土) – 8月10日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊 [7月21日(月・祝)は営業、22日(火)は休廊]
tel. 03-6459-3205

《対談企画》山崎博(写真家) × 北野謙
日時:7月5日(土) 18:00〜
会場:MEM (参加無料)

*対談終了後にオープニングレセプション

詳細

アイェレット・ゾーハー博士レクチャー

Event
2014/07/17

光跡: 写真、反写真、そして日本の写真史における光の役割についてー江崎礼二から北野謙まで

日時:2014年8月2日(土) 18:00〜
会場:MEM
講師:アイェレット・ゾーハー博士
日本語通訳:近藤亮介氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論)
定員:先着30名 (参加無料)

現在エルサレムのヘブライ大学の東アジア学科での教鞭をとっているゾーハー博士は、美術批評家、キュレーター、アーティストとしても活躍。日本の現代美術を紹介する「ポストジェンダー」展を2005年にハイファのティコティン美術館で開催、2009年に同名の書籍をCambridge Scholarsから出版。専門はヴィジュアルカルチャー、写真史、現代写真、ビデオアート、インスタレーションなど多方面におよびます。ゾーハー氏の来日にあわせ、MEMでは特別レクチャーを開催いたします。
本講義では、自然光、人工光、そして天体の光源へとカメラを向けることで、写真の本質を問う仕事をした日本の写真家たちについて考察します。これらの写真家の作品では写真的行為が、「現実」を提示し表現する手段ではなく、指標的記号としての光を記録するための仕組みとして扱われています。この作業の過程における諸問題について、19世紀の半ばから具体的な作家の事例をたどり議論していきます。参考作家・作品として、江崎礼二が写した月蝕、信伊奈亮正の日蝕、そして濱谷浩の「終戦の日の太陽」、川田喜久治 「ラスト・コスモロジー」、山崎博「HELIOGRAPHY」、伊島薫 「一つ太陽」、野口里佳 「太陽」、杉本博司 「Lightning Fields」などを取り上げます。加えて、現在展示中の北野謙の新作 「day light」 と 「watching the moon」をめぐり、北野謙も本講義に参加いたします。

“Traces of Light: Photography, Anti-Photography, and the Role of Light in the History of Japanese Photography, from Esaki Reiji to Kitano Ken”

Date:August 2nd (Sat.), 18:00〜
Venue:MEM
Lecturer:Dr. Ayelet Zohar
Language:English and Japanese
Admission free

My talk will consider Japanese photographers who directed their camera to natural, celestial and artificial light sources – an action that questions the nature of the photograph: in these images, the photographic action is presented not as a device to show and represent “reality”, but as a mechanism to record the indexical sign of light. I will discuss different phases of this process, starting as early as the mid-19th c. – from Esaki Reiji’s images of lunar eclipse, Shiina Sukemasa’s images of sun eclipse, Hamaya Hiroshi’s image of the sun, Kawada Kikuji’s “The Last Cosmology”, Yamazaki Hiroshi’s “HELIOGRAPHY”, Ijima Kaoru’s “One Sun”, Noguchi Rika’s “The Sun”, Sugimoto Hiroshi’s “Lightning Fields”, and Kitano Ken’s recent work “day light” and “watching the moon”. -Ayelet Zohar

MEM at ART OSAKA 2014, Room 6108

2014/07/08

7月11日よりJR大阪駅隣接ホテルグランヴィア26階で開催のアートフェア、「ART OSAKA」へ出展致します。

banner_446x260px_s

開催日時:2014年7月12日(土)-13日(日) 11:00-18:00
プレビュー:2014年7月11日(金) 14:00-20:00(プレス・招待者のみ)
会場:ホテルグランヴィア大阪 26階 (ワンフロア貸切り)
   〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1

詳細

本田健 展『うろ つき』

2014/05/16

会期:2014年5月17日(土) – 6月8日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

アーティストトーク:6月7日(土) 18:00〜
会場:MEM (参加無料)

詳細

3月27日(木)営業時間変更のお知らせ

2014/03/25

誠に勝手ながら、3月27日(木)の営業を18:00〜20:00とさせて頂きます。
お客様には御不便お掛けしますが、何とぞご理解くださいますようお願いいたします。

MEM at DRAWING NOW PARIS | Stand i4

Bandeau WEB GB Bonne taille_2

LOCATION
LE CARREAU DU TEMPLE
4 rue Eugène Spuller
75003 Paris
France
<MAP>

DATES AND TIME
Wednesday 26th March – from 11am to 8pm
Thursday 27th March – from 11am to 8pm
Friday 28th March – from 11 am to 10 pm – DRAWING NIGHT
Saturday 29th March – from 11am to 8pm
Sunday 30th March – from 11am to 7pm

more information

シャルル・フレジェ展 “WILDER MANN”

2014/03/14

会期:2014年3月15日(土) – 4月13日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

詳細

大森克己展 “sounds and things”

2014/02/04

会期:2014年2月6日(木) – 3月9日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

opening reception
2月8日(土) 18:00-20:00

詳細

児玉靖枝 展 深韻 – 水の系譜 –

2013/12/29

会期:2014年1月11日(土) – 2月2日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

opening reception
1月11日(土) 18:00-20:00

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

Information

2013年12月29日(日) 〜 2014年1月5日(日)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。

MEM will be closed from Dec. 29 through Jan. 5 for the winter holidays.

福本潮子 展 -手から生まれる自然-

2013/11/27

会期:2013年12月7日(土) – 28日(土)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

opening reception
12月7日(土) 17:30-19:30

詳細

MEM at Paris Photo 2013 Booth C43

2013/10/31

PP13_LOGO

LOCATION
Grand Palais
Avenue Winston Churchill
75008 Paris
France
<MAP>

DATES AND TIME
November 14 – 16, 12:30 – 20:00
November 17, 12:30 – 19:00

more information

牛腸茂雄関連短編映画上映会

Event
2013/10/10

牛腸茂雄が制作に関わった映像作品を特別上映いたします。

上映予定作品:「まち」(黒白映画・5分)、「The Grass Visitor」(カラー映画・7分)、
       「Game Over」(カラー映画・7分) など。
       (全作サイレント / 合計約40分)
期間:10月18日(金) – 20日(日)
会場:MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2階)
上映スケジュール:一回目18:00〜 / 二回目20:00〜 ※上映時間15分前から入場可
料金:1000円
※当日券のみ。予約不可。
※当日券には入場整理番号が付いています。
※整理番号順入場 / 全席自由席(桟敷席も含む限定23席) / 各回定員入れ替え制(定員30名)
※当日券の販売は会場にて【10月18日 – 10月20日】12:00より

■トークショー開催のお知らせ■
ゲスト:佐治嘉隆 × 飯沢耕太郎
日時:10月20日(日) 19:00〜
会場:MEM
※入場無料 / 予約不可
※トーク終了後、次の上映のため完全入れ替えとなります。

アイェレット・ゾーハー氏レクチャー “Portraiture and Otherness: Photography and Identity in Japan”  

Event
2013/09/28

現在エルサレムのヘブライ大学の東アジア学科での教鞭をとっているゾーハー博士は、美術批評家、キュレーター、アーティストとしても活躍。日本の現代美術を紹介する「ポストジェンダー」展を2005年にハイファのティコチン美術館で開催、2009年に同名の書籍をCambridge Scholarsから出版。専門はヴィジュアルカルチャー、写真史、現代写真、ビデオアート、インスタレーションなど。ゾーハー氏の来日に併せ、日本における写真とアイデンティティの関わりを、細江英公、東松照明、澤田知子、後藤勝、ホンマタカシ、森村泰昌、そして展覧会開催中の牛腸茂雄らの作品を例に挙げ語って頂きます。

講師:アィヤレット・ゾーハー氏
日時:2013年9月28日(土) 14:00〜
会場:MEM
日本語通訳:近藤亮介氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論)
定員:先着30名 (参加無料)

牛腸茂雄展 第二部「こども」

2013/09/24

会期:2013年9月24日(火) – 10月14日(月・祝)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

詳細

[ギャラクシー通信]
没後30年の関連企画をまとめたフライヤーの内容を特設ウェブサイトでご覧いただけます。
banner
●GOCHO Shigeo’s GALAXY

牛腸茂雄展 第一部「見慣れた街の中で」

2013/08/21

会期:2013年8月31日(土) – 9月22日(日)
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

オープニング対談企画
三浦和人 × 飯沢耕太郎

日時:8月31日(土) 15:00-17:00
会場:NADiff a/p/a/r/t (東京都渋谷区恵比寿1-18-4)
参加f無料(着席30名以上は立ち見)
問い合わせ:MEM (03-6459-3205/art@mem-inc.jp)

詳細

北野謙写真集 『our face: Asia』出版記念展

2013/07/23

会期:2013年8月3日(土) – 8月25日(日) [夏期休廊: 8月12日-18日]
会場:MEM map 
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

北野謙写真集『our face: Asia』出版記念トーク
北野謙の写真集出版記念トークを開催いたします。テキスト執筆の日高優氏と、本写真集を手がけたデザイナーの町口覚氏、編集担当のインディペンデントキュレーターの本尾久子氏を会場のNADiff a/p/a/r/tへお招きして、今回の写真集作りのエピソードを交えながら北野作品についてお話頂きます。現在ロサンゼルスにて活動している北野氏は、スカイプにより参加の予定です。

日時:8月3日(土) 18:00-
会場:NADiff a/p/a/r/t (東京都渋谷区恵比寿1-18-4)
参加f無料(着席30名以上は立ち見)
協力:青幻舎
問い合わせ:MEM (03-6459-3205/art@mem-inc.jp)

詳細

MEM at ART OSAKA 2013 room nr. 6011

2013/07/13

7月20日よりJR大阪駅隣接ホテルグランヴィア26階で開催のアートフェア、「ART OSAKA」へ出展致します。

開催日時:2013年7月20日(土)-21日(日)
プレビュー:2013年7月19日(金) 14:00-20:00(プレス・招待者のみ)
会場:ホテルグランヴィア大阪 26階 (ワンフロア貸切り)
   〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1

詳細

石原友明展「アウラとエクトプラズム」

2013/05/29

会期:2013年6月22日(土)-7月28日(日)
会場:MEM(東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
Open hours: 12:00-20:00 月曜休廊
Tel. 03-6459-3205

展覧会関連対談企画
石原友明 X 光田由里(美術評論家、松濤美術館学芸員)
日時:6月22日(土)18:00-
会場:MEM
参加料:無料
対談終了後オープニングレセプションを開催

詳細

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ

Information
2013/05/01

下記のゴールデンウィーク期間は休廊とさせていただきます。

2013年5月1日(水)〜6日(月)

MEM at Paris Photo LA, stage 31, stand 17

2013/04/16

MEM will take part in Paris Photo Los Angeles.

  Stand: Stage 31, stand 17
  Dates: April 26 – 28, 2013
  Venue: Paramount Pictures Studios ( map )
  Artist: Ken Kitano, Tomoko Sawada, Osamu Shiihara,
             Natsumi Hayashi, Hisaji Hara, Mo Yi



more…

MEM at Art Fair Tokyo 2013 Booth nr. S02 / S03

2013/03/21

3月22日より東京国際フォーラムで開催のアートフェア東京2013へ協力ギャラリーとして出展いたします。

Booth S02 – IMA/amana holdings inc.
「Japanese Art Photographers 日本の写真のいま」へ北野謙、澤田知子、原久路の作品が出展されます。

Booth S03 – Vintage Photography
椎原治の作品を出展いたします。

開催日: 2013年3月22日(金) – 24日(日)
会場: 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール map

more…

澤田知子 展「Sign」

2013/02/24

会期:2013年3月2日(土)- 31日(日)
会場:MEM (東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F)
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

 澤田知子は400通りに自身の姿を変えて撮影した証明写真の作品『ID400』で国内外で高い評価を受けて以来、内面と外見の関係を見据えたセルフポートレーと作品を多面に展開してきました。
 『Sign』は、昨年アンディ・ウォーホル美術館の企画展”Factory Direct”で最初に発表された2セット、全112点の写真で構成される作品です。澤田は、世界中の食卓で使われているハインツ社のトマトケチャップとマスタードのボトルをモチーフに、そのラベルを56カ国語に翻訳。翻訳はfacebookを通じて様々な国の人たちに依頼し、ヨーロッパ全域はもとより、中東やアジア各国から訳文が寄せられました。食卓の「顔」を112通りに変えた『Sign』全作品を一堂に展示致します。

詳細

プレスリリース|林ナツミ『本日の浮遊』展 スパイラルガーデン

2013/02/18
th_130108_3706(3D-R)flat_w800px

 浮遊セルフポートレートシリーズ『本日の浮遊』で今注目されるアーティスト・林ナツミの展覧会を東京・青山のスパ
イラルガーデンにて開催いたします。
 林ナツミは「よわよわカメラウーマン日記」というブログで、2011年元日より『本日の浮遊』と題し、自分自身が宙
に浮いている写真を1日1カット発表するプロジェクトを始めました。その日彼女が訪れた場所で、自分がジャンプした
瞬間を撮影するというシンプルな写真です。それは、ジャンプの瞬間の事実を写しながらも、重力を無視した超常現象に
も見えます。この写真が一年間の日記として発表されることで、物理的法則から自由なひとりの女性をめぐる神話的世界
が、われわれの現実世界と地つづきでリアルな存在として立ち現れます。
 林はブログに加えツイッターとフェイスブックで活動を展開、プロジェクトの主な舞台はインターネットです。プロ
ジェクト開始から数ヶ月で世界中に浮遊写真のブームが起こり、自分の浮遊写真を撮る人々が続出しました。そして、多
数の個人ブログからニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナルなどのメジャー紙まで、世界各国のメディア
が次々に『本日の浮遊』を紹介しました。
 本展では、ベトナムで撮影された本邦初公開の作品を中心に、林ナツミの代表作が一堂に展示されます。
 6mを超す吹き抜けのアトリウム空間に吊られる巨大な作品や、全長8mのパノラマ作品、3D作品等の展示を予定して
います。初めての大規模な個展であると同時に、『本日の浮遊』を全身で体感いただける大胆な会場構成も特徴といえる
でしょう。

開催概要

林ナツミ『本日の浮遊』展 supported by une nana cool
会期|2013年3月26日(火)-2013年3月31日(日)11:00-20:00
会場|スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山5-6-23
料金|入場無料
主催|林ナツミ『本日の浮遊』展 実行委員会
協賛|株式会社ウンナナクール
制作協力|エプソン販売株式会社アフロ アトリエ(株式会社 アフロ)
企画|スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
企画協力|MEM、ナンジョウアンドアソシエイツ

掲載や取材・画像に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
◎ナンジョウアンドアソシエイツ 西山裕子、佐藤冬果
 TEL 03-6408-5520 FAX 03-6408-5523 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 ナディッフ・アパート3F
 E-mail fuyu@nanjo.com
展覧会に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
◎スパイラル/株式会社ワコールアートセンター 宮久保真紀
 TEL 03-3498-1171 FAX 03-3498-7848 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
 WEB http://www.spiral.co.jp/

icon_1r_24

プレスリリース

澤田知子 展:対談企画 平野啓一郎×澤田知子

Event
2013/01/22

日程:2013年2月9日(土) 18:30〜
参加料無料(定員先着40名)

会場:MEM map
Tel. 03-6459-3205

平野啓一郎:1999年在学中に『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、2002年発表の大長編『葬送』をはじめ、数々の作品を発表している。著書『決壊』、『ドーン』『かたちだけの愛』のほか、近著に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、最新長篇小説『空白を満たしなさい』など。

澤田知子 展 「SKIN」

2013/01/06

会期:2013年1月12日(土)- 2月24日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

<オープニング対談企画>
飯沢耕太郎 × 澤田知子

日時:1月12日(土) 18:00〜 
会場:MEM
参加無料/予約不要
※対談終了後、オープニングレセプションを開催
(参加無料)

詳細

年末年始休廊のお知らせ

Information
2012/12/28

2012年12月29日(土) – 2013年1月7日(月)まで年末年始休廊とさせて頂きます。

水田寛 展 「渋滞」

2012/11/23

会期:2012年11月24日(土) – 12月25日(火)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

アーティストトーク/レセプションパーティ 11月24日 18:00-
(参加無料)

詳細

MEM at Paris Photo 2012 Booth D43

2012/11/03

Booth Nr. D43    Nov. 15 – 18     Grand Palais, Avenue Winston Churchill 75008 Paris

logo-1

莫毅 展 「囚獣 – 三个十年 」

2012/09/20

会期:2012年9月28日(金)- 10月28日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊
tel. 03-6459-3205

来日作家を囲んでのオープニングレセプション:9月28日 19:00 –

詳細

MEM at TOKYO PHOTO 2012 Booth nr. 23

2012/09/13

9月28日より東京ミッドタウンホールで開催のTOKYO PHOTO 2012へ出展いたします。
詳細

夏期休廊のお知らせ

Information
2012/08/15

下記の期間は夏期休廊とさせていただきます。

2012年8月13日(月)〜27日(月)

MEM at Art Osaka room nr. 6308

2012/07/06

7月6日よりJR大阪駅隣接ホテルグランヴィア26階で開催のArt Osakaへ出展致します。
Art Osakaは今年で10周年を迎えます。
詳細

会期延長のお知らせ:林ナツミ展 「本日の浮遊」 

2012/07/03

6月16日(土)より開催中の林ナツミ展「本日の浮遊」の会期を、ご好評につき、7月29日(日)まで延長いたします。

林ナツミ展 「本日の浮遊」
会期:2012年6月16日(土)-7月29日(日)
会場:MEM
open hours:12:00-20:00 月曜休廊(7月16日[月・祝]は営業)
tel. 03-6459-3205

林ナツミ展 「本日の浮遊」

2012/05/14

会期:2012年6月16日(土)-7月16日(月・祝) 7月29日(日)まで会期延長
月曜休廊(7月16日[月・祝日]は営業)

<関連企画>
林ナツミ写真集出版記念対談
ゲスト: 飯沢耕太郎
期日: 6月16日(土) 18:00-

会費無料(予約不要)
会場: NADiff a/p/a/r/t (1階)
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
*対談終了後、2階 MEMにてレセプションパーティを開催します。

林ナツミは、「よわよわカメラウーマン日記」という自身のブログで、2011年元旦より、『本日の浮遊』というタイトルで自分自身が空中に浮かんでいる写真を一日一カット一年間継続して発表するプロジェクトを始めました。その日彼女がいる場所で、何のトリックもなく、その場でジャンプして撮影される写真です。ナツミ独特の表情と相まって不思議な浮遊感覚と無重力感を醸し出しています。
本展は、ナツミがインターネットに加え、物理的な展示会場に活動の場を展開する初めての試みです。青幻舎から出版される初の写真集の出版記念展も兼ね、林ナツミの初めての個展として開催されます。
詳細

坂上チユキ展 「鳥の写本 附 私の愛する人たちへ」

2012/05/02

会期:2012年5月12日(土) – 6日10日(日)
坂上チユキは、太古の原始生物や微生物を思わせる微細で抽象的なドゥローイング、油彩、彫刻を制作してきました。93年に世田谷美術館開催の「パラレル・ヴィジョン」で最初にまとまった作品が紹介された後、現代美術やアールブリュットさまざまな領域をまたいで国内外で紹介されています。
代表的な作品は紙に水彩、鉛筆、インク、水晶やラピスラズリの顔料を使った作品で、青を基調に、多重なイメージが積み重なる画面を作り上げています。昨年は新しい展開を見せる青いインクだけで構成した「博物誌」シリーズを発表。
今回は引き続き、青いインクのシリーズで「鳥の写本」と題し、坂上が最も愛する生き物、鳥類をモチーフに、身近な人々のイニシャルを写本風に組み入れたものをも含め40点程の作品を展示致します。
詳細

原久路展 时·光交响 | 草场地摄影季 北京

2012/04/19

原久路の中国で初めての個展がCaochangdi PhotoSpring 2012の一環として三影堂撮影芸術中心内の+3 galleryで開催されます。
詳細リンク
原久路:时·光交响, Symphony of Time & Light
Caochangdi PhotoSpring (草场地摄影季)

北山善夫 展「生きること 死ぬることの図」

2012/03/13

会期:2012年3月17日(土)〜4月15日(日)
対談企画
3月31日(土) 18:00-19:30 ゲスト:千葉成夫
(中部大学教授、専門は西洋美術史、現代美術史。著書に「現代美術逸脱史」「未生の日本美術史」等)
会場:MEM
定員:先着30名 (参加無料/予約不要)

北山善夫は70年代より竹と和紙を使った彫刻を制作。代表的な作品は愛知県芸術センターのアトリウムに設置されている30mを超す大作で、その多くは広い空間の天井から吊るす大規模な作品として知られています。同時に80年代半ばから絵画作品を手がけ始め、現在はほとんど絵画作品の制作に集中。作品は大きいサイズの鳥の子紙に黒インク一色で微細に描かれます。北山は絵画の「地」と「図」の問題を個別に扱い、抽象画の「宇宙図」と粘土の人形の彫刻を基に描かれる「偶像図」という二つのスタイルで展開。本展では、北山の次の展開を見せる新作を展示します。詳細

MEM at TOKYO FRONT LINE

2012/02/20

February 24 – 26 at 3331 Arts Chiyoda
TOKYO FRONT LINE: official website

戸島麻貴展 「メタ・モルフォス – Meta.Morphos」

2012/01/31

会期:2012年2月10日(金)〜2月26日(日)
関連対談企画:2月10日(金) 18:30- 
ゲスト:中谷日出(NHK解説員、「デジスタ」ナビゲーター)
会場:MEM
定員:先着30名 (参加無料/予約不要)

*NADiff A/P/A/R/T 合同オープニング 18:00-

本企画は東京都写真美術館主催の「恵比寿映像祭」(2月10日-26日 www.yebizo.com)の地域連携プログラムの一環で開催されます。MEMも含めNADiff A/P/A/R/T全体が本催事に連動し、合同オープニングが2月10日(金)午後6時より開催されます。
詳細

北野謙展関連企画:アィヤレット・ゾーハー氏レクチャー「日本現代写真におけるポートレイト:その反復、差異、多様性について」

Event
2012/01/24

「日本現代写真におけるポートレイト:その反復、差異、多様性について」
講師:アィヤレット・ゾーハー
日程:2012年1月29日(日)午後5時~
会場:MEM map
日本語通訳:近藤亮介氏(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論)
定員:先着30名
参加無料

 現在エルサレムのヘブライ大学の東アジア学科での教鞭をとっているゾーハー氏は、美術批評家、キュレーター、アーティストとしても活躍。日本の現代美術を紹介する「ポストジェンダー」展を2005年にハイファのティコチン美術館で開催、2009年に同名の書籍をCambridge Scholarsから出版。専門はヴィジュアルカルチャー、写真史、現代写真、ビデオアート、インスタレーションを含みます。
 今回は、ゾーハー氏が最近Trans Asia Photography Reviewにおいて発表したThe Elu[va]sive Japanese Portrait: Repetition, Difference and Multiplicityに基づき、日本の現代写真に見られるポートレイトの表現の反復性や差異、多様性について語って頂きます。この論文では森村泰昌、澤田知子、高木こずえ、 鷹野隆大、ツァオ・フェイ等の作品の論考に加え、現在開催中の北野謙展で紹介のour faceシリーズについても書かれています。

参考リンク:
The Elu[va]sive Japanese Portrait: Repetition, Difference and Multiplicity

北野謙出展「日本の新進作家展 vol. 10 写真の飛躍」 東京都写真美術館

2011/12/12

北野謙が東京都写真美術館で開催の「日本の新進作家展 vol. 10 写真の飛躍 – elan photographic 」に参加致します。
昨年北京の三影堂写真センターでの個展で出品した高さ2mを超える等身大のour faceのポートレイトを7点展示致します。

会期:2011年12月10日(土)~2012年1月29日(日)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料金: 一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円
詳細

北野謙 展 our face project: Asia

2011/12/07

会期:2011年11月26日(土)-2012年1月29日(日)
*年末年始休廊 12 月26 日- 1 月6 日
オープニングレセプション 11月26日(土) 18:00-
対談企画 11月27日(日) 18:00- 深川雅文(キュレーター)×北野謙 参加無料 会場:MEM

世界各地を訪れて地域、職場、学校、文化、信仰等を軸に同じグループに属する人々のポートレイトを撮影し
その肖像を丁寧に重ね合わせて一枚のプリントに焼く手法による北野謙の代表作「our face」シリーズ。
1999年に始められた同シリーズは日本から始まり、その後アジア各地の人々をとりあげています。
本展は日本も含めたアジアでのプロジェクトを中心に開催いたします。加えて北野がour faceを制作するきっかけともなった、1997年から撮影を行っているメキシコ壁画運動の写真も展示いたします。
同時期に東京都写真美術館において開催される「日本の新進作家展vol.10」では、北野が北京の三影堂撮影芸術中心で制作した本シリーズの等身大プリントを7点出展いたします。併せてご高覧いただけましたら幸いです。詳細

<同時開催>
日本の新進作家展vol.10 ‒ 写真の飛躍
会期:2011 年12 月10 日(土) ‒ 2012 年1 月29 日(日)
会場:東京都写真美術館

*会期中、福島辰夫写真評論集をテキストにした連続講義を開講いたします。

北野謙 展:対談企画 加藤薫×北野謙

Event
2011/12/06

北野謙がour faceを制作するきっかけとなった、メキシコ壁画運動についてメキシコ美術研究の第一人者である加藤薫氏との対談を開催いたします。

12月16日(金) 18:30- 加藤薫(神奈川大学教授/美術評論家)×北野謙 参加無料 会場:MEM

加藤薫:1949年生れ。国際基督教大学卒業。メキシコのラス・アメリカ大学大学院芸術学科修了後、メキシコ国立美術研究所(IIE)研究員を経て、帰国。1987年より神奈川大学助教授、国際経営研究所主任研究員を経て、1991年より現職。ヒスパニック美術史家として、南米植民地時代のキリスト教建築美術、メキシコ壁画運動、冷戦以後の芸術変容の研究等を精力的に進めるほか、各種の美術展・絵画展の企画プロデュースや、テレビの芸術番組制作にも関与。主な著作:『メキシコ壁画運動』(現代図書)、『ディエゴリベラの生涯と壁画』(岩波書店)など

連続講座:福島辰夫写真評論集 【第4回】開催

Event

▶日程
2011年12月11日(日)18:00-19:30
講師:日高優氏 (写真批評家) ■テーマ「10人の眼」・VIVOの作家たち
▶テキスト:「福島辰夫写真評論集」第1〜3巻 ※会場販売有り
▶参加費:1,000円/回
▶申込締切:受講講座の前日、20:00締切必着
▶申込方法:メールまたは、FAXで
ご希望の講座回、参加日、申込者の郵便番号、住所、氏名、メールアドレス(FAXの場合はFAX番号)をご記入の上、
下記の申込先までお送り下さい。
▶申込先:MEM(担当:高橋)/Mail:takahashi@mem-inc.jp/Fax:03-6425-9482
▶講座に関するお問い合わせ
会場:MEM 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
主催:MEM(担当:高橋) Mail:art@mem-inc.jp
Tel:03-6459-3205 Fax:03-6425-9482

【福島辰夫写真評論集】
福島辰夫氏は1928年生まれ。写真、美術に関わる多くの批評を発表し、またデモクラート美術家協会、VIVO、「10人の眼」などの運動にも関わって来られました。福島氏の数多くの論稿から1960年代、70年代を中心に選び、全体で29本のテキストを3冊に分けて出版致します。第1巻と第2巻は発売中。第3巻は2012年発売予定です。
書籍について詳しくは窓社ホームページを御覧下さい。

連続講座:福島辰夫写真評論集 【第3回】開催

Event
2011/11/30

▶日程
2011年12月3日(土)18:30-20:00 
講師:光田ゆり氏 (美術評論家) ■テーマ「現代写真」と「現代美術」の発生と展開
▶テキスト:「福島辰夫写真評論集」第1〜3巻 ※会場販売有り
▶参加費:1,000円/回
▶申込締切:受講講座の前日、20:00締切必着
▶申込方法:メールまたは、FAXで
ご希望の講座回、参加日、申込者の郵便番号、住所、氏名、メールアドレス(FAXの場合はFAX番号)をご記入の上、
下記の申込先までお送り下さい。
▶申込先:MEM(担当:高橋)/Mail:takahashi@mem-inc.jp/Fax:03-6425-9482
▶講座に関するお問い合わせ
会場:MEM 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
主催:MEM(担当:高橋) Mail:art@mem-inc.jp
Tel:03-6459-3205 Fax:03-6425-9482

【福島辰夫写真評論集】
福島辰夫氏は1928年生まれ。写真、美術に関わる多くの批評を発表し、またデモクラート美術家協会、VIVO、「10人の眼」などの運動にも関わって来られました。福島氏の数多くの論稿から1960年代、70年代を中心に選び、全体で29本のテキストを3冊に分けて出版致します。第1巻と第2巻は発売中。第3巻は2012年発売予定です。
書籍について詳しくは窓社ホームページを御覧下さい。

MEM at Paris Photo 2011

2011/11/07

Booth Nr. D61    Nov. 10 – 13     Grand Palais, Avenue Winston Churchill 75008 Paris

logo-1

連続講座:福島辰夫写真評論集

Event
2011/10/04

福島辰夫写真評論集をテキストに、現役の批評家による連続講座を開催いたします。
▶日程
【第1回】2011年10月23日(日)16:00-17:30 
     講師:光田ゆり氏 (美術評論家) ■テーマ「破綻と彷徨」:1930年代の写真作家たち
【第2回】2011年11月20日(日)18:00-19:30  
     講師:日高優氏 (写真批評家)  ■テーマ リアリズムから現代写真へ
【第3回】2011年12月3日(土)18:30-20:00 
     講師:光田ゆり氏 (美術評論家) ■テーマ「現代写真」と「現代美術」の発生と展開
【第4回】2011年12月11日(日)18:00-19:30 
     講師:日高優氏 (写真批評家)  ■テーマ「10人の眼」・VIVOの作家たち
▶テキスト:「福島辰夫写真評論集」第1〜3巻 ※会場販売有り
▶参加費:1,000円/回
▶申込締切:受講講座の前日、20:00締切必着 ※複数、単数講座の申し込み可能
▶申込方法:メールまたは、FAXで
ご希望の講座回、参加日、申込者の郵便番号、住所、氏名、メールアドレス(FAXの場合はFAX番号)をご記入の上、
下記の申込先までお送り下さい。
申込先:MEM(担当:高橋)/Mail:takahashi@mem-inc.jp/Fax:03-6425-9482
▶講座に関するお問い合わせ
会場:MEM 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
主催:MEM(担当:高橋) Mail:art@mem-inc.jp
Tel:03-6459-3205 Fax:03-6425-9482

【福島辰夫写真評論集】
福島辰夫氏は1928年生まれ。写真、美術に関わる多くの批評を発表し、またデモクラート美術家協会、VIVO、「10人の眼」などの運動にも関わって来られました。福島氏の数多くの論稿から1960年代、70年代を中心に選び、全体で29本のテキストを3冊に分けて出版致します。第1巻と第2巻は発売中。第3巻は10月中旬発売予定です。

【全3巻の内容】
第1巻「写真を発見する世界」 定価2,310円(2,200円+税)
「世界認識の方法」としての写真について、写真史を俯瞰するテキストを集めました。「個人像をめぐって」(1966)、「VIVOの時代」(1978)、「歴史は何を教えるか」(1961)など収載。
(登場作家:安井仲治、横山松三郎、石元泰博、川田喜久治、佐藤明、丹野章、東松照明、奈良原一高、細江英公、アルフレッド・スティーグリッツ、ナダール、キャメロン夫人、アジェ、ベレニース・アボット、ルイス・ハイン、ロバート・キャパ、ブルース・ダビットソン、ジェリー・クック、ロバート・フランク、ウィリアム・クライン、エド・ヴァン・デル・エルスケン、リチャード・アヴェドン、ユージン・スミス、ポール・ストランド、ドロシア・ラング、エドワード・ウェストンなど)

第2巻「10人の眼」・VIVOの時代 定価2,520円(2,400円+税)
具体的な作家についてのテキスト。とりわけ1950年代60年代に福島氏とともに、それまでになかった作家個人のパーソナルな写真表現を生み出し、現代写真の大きな飛躍となったVIVO、「10人の眼」の作家について。その次の世代にあたる荒木経惟、森山大道についても触れた「極私と超国境の空間から」(1973)。他にエドワード・スタイケンインタビュー(1955)、「私のデモクラート、瑛九のデモクラート」(1999)など収載。
(登場作家:川田喜久治、東松照明、奈良原一高、石元泰博、細江英公、丹野章、荒木経惟、森山大道、エドワード・スタイケン、ユージン・スミス、ダイアン・アーバス、ニエプス、田本研造、瑛九、岡鹿之助、利根山光人、小林和作、靉謳、滝口修造、久保貞次郎など)

第3巻 破綻と彷徨 定価2,730円(2,600円+税)
戦前、戦中の作家、安井仲治、中山岩太や田本研造、野島康三、高野直太郎について。これらの写真家が過酷で閉塞した時代のなかで、あの豊で深い写真をどうなし得たかを、丹念に検証し再評価した「破綻と彷徨」(1974)を中心に構成します。福島氏の仕事のなかでも重要と思われるテキスト群です。「東松照明」(1976)を収載。
(登場作家:東松照明、高野直太郎、安井仲治、中山岩太、田本研造、野島康三など)

責任編集:北野謙   デザイン:町口覚   編集:本尾久子
発 行 株式会社 窓社 
*書籍についての詳細はこちら(窓社ホームページ)

中山岩太展 Iwata Nakayama Portfolio 2010

会期:2011年10月8日(土)-11月20日(日)
オープニングイベント:レクチャー 10月8日(土) 17:00-18:00 講師:金子隆一(写真史家, 東京都写真美術館専門調査員)
参加無料 会場: MEM

中山岩太(1895-1949)は、20年代に渡米しニューヨークでラカン・スタジオを設立。
その後31歳でパリへ渡り藤田嗣治や未来派の作家等と交流を持ちました。帰国後芦屋に居を構え1930年に
芦屋カメラクラブを設立。当時の新興写真運動の担い手として注目を浴びます。様々な素材を用いた暗室作業で多重に
構成したイメージを一枚のプリントに紡ぎだす構成写真に取り組み、日本の近代写真の歴史に大きな足跡を残しました。
本展は、オリジナルのガラス乾板から制作された12点のモダンプリントを収録するポートフォリオの出版を記念して
開催され、中山岩太の戦前から戦後にかけての代表作を展示致します。詳細

カタログ出版「Iwata Nakayama Portfolio 2010」
監修:金子隆一 編集:河﨑晃一, 横山幾子 定価1,000円(税別)

*会期中、福島辰夫写真評論集をテキストにした連続講義を開講いたします。

MEM at TOKYO PHOTO 2011, Booth 13

2011/09/20

MEMは「TOKYO PHOTO 2011」に参加します。詳細

MEM at VARIA NAGOYA ART FAIR 2011, Booth 10

2011/09/01

varia_logo
MEMは松坂屋名古屋店「VARIA NAGOYA ART FAIR 2011」に参加します。詳細

原久路展 Picture, Photography and Beyond

2011/08/07

原久路 展
Picture, Photography and Beyond  9月3日(土)-10月2日(日)
オープニングイベント:アーティストトーク 9月3日(土) 18:00-19:00 聞き手: ナツミ(よわよわカメラウーマン)
参加無料 会場: MEM

絵画と写真が最接近した「バルテュス絵画の考察」シリーズを2009年に発表した原久路。今回は,同シリーズから初公開となる静物写真(画)を中心に,古典技法であるアルビューメン・プリント(鶏卵紙)で制作。同時に最新技術でデジタルデータからインクジェットでプリントした作品も同じ空間に並べて展示する試みです。
絵画と写真,アナログとデジタル,さまざまな境界を行き来する原作品をお楽しみいただけましたら幸いです。詳細

summer group show

2011/07/23

2011年7月23日-8月28日 北野謙、北辻良央、北山善夫、澤田知子、森村泰昌、Lee Sun-Kyung
夏期休廊 2011年8月15日-8月22日

MEM インターン募集のお知らせ

2011/07/16

MEMではインターンを募集しております。

【応募対象】
現代美術、写真に関わる仕事に興味があり、ギャラリー業務全般を体験したい方。学生、作家志望者歓迎致します。
【業務内容】
画廊受付、簡単なデータ管理、資料作成、展示設営など。
【条件等】
週に2−3日勤務できる方(勤務時間は相談致します)
交通費支給
【応募方法】
履歴書を以下のメールまでお送りください。選考の上、面談を致します。
info@mem-inc.jp(担当:高橋)

北野謙 東川賞新人作家賞受賞 受賞作家作品展

北野謙が2011年東川賞新人作家賞を受賞致しました。東川賞受賞作家作品展が7月30日(土)から9月5日(月)まで開催されます。
詳細

児玉靖枝展 「深韻 2011 -わたつみ-」7月17日(日)まで会期延長

2011/07/12

児玉靖枝展 「深韻 2011 -わたつみ-」
7月17日(日)まで会期延長致します。

児玉靖枝展 「深韻 2011 -わたつみ-」

2011/06/09

児玉靖枝展
深韻 2011 -わたつみ-  6月11日(土)-7月10日(日)  
オープニング対談企画:松浦寿夫x児玉靖枝 6月11日(土) 18:00-展覧会会場(MEM)にて

児玉靖枝の新作絵画の展覧会を開催致します。
児玉靖枝は「日常の何気ない情景の中に感受される非日常的存在の気配を、その出会いの新鮮さやダイナミズムと、描く行為と形式とを重ねることで絵画として成立させようと」試みているといいます。金魚が動き回る水面の不思議さ、身近に或る雑木林のなかにある光と影の妙など、私たちの周りにある日常を主題にしながらも、その間には描かれていない、見えないはずの水や空気の広がりを感じることが出来ます。
すっきりとした涼しげな色彩の奥には、何層にも塗り重ねられたピンクやオレンジといった鮮やかな色彩が潜んでいます。見完成された画面の奥からは光が届くように、ふとした瞬間私たちが目にする景色の空気そのものが表現されています。今回は近年テーマにしてきた<深韻>から、海を描いた新作を展示致します。詳細

MEM at Art HK 11, Booth 3C10

2011/05/24

MEMはArt HK 11に参加します。Asia Oneにて三島喜美代の個展を開催致します。詳細

山口典子展「ツチタラシ」

2011/04/09

5月7日(土)-6月5日(日) 山口典子の新作展「ツチタラシ」を開催致します。山口はKEITAI GIRL, PEPPERMINT GIRLなどネット社会のコミュニケーションにおける人間の感覚の変容や、独特な皮膚感覚に基づいたキャタクターに基づいたシリーズを写真、ビデオ、パフォーマンスで展開してきました。新作ツチタラシでは、従来から手がけているクレイアニメーションの手法で制作したダブルチャンネルのビデオ「TSUCHITARASHI」を中心にした映像インスタレーションを展示します。詳細

坂上チユキ展再開と会期延長のお知らせ

2011/03/25

3月26日土曜日より、坂上チユキ展「博物誌」を再開致します。会期は展覧会休止にしていた2週間分を繰り延べ、4月24日(日)まで開催致します。皆様のお越しをお待ちしております。
詳細

坂上チユキ展延期及び臨時休業のお知らせ

2011/03/12

東日本大震災に伴う諸般の事情を鑑み、3月17日より画廊を臨時休業に致します。坂上チユキ展は改めて再開致します。再開日につきましては、決まり次第順次ホームページ、twitter等でお知らせ申し上げます。尚、通常業務は行っておりますので、ご用命がございましたら電話およびe-mailにて承ります。
震災で御亡くなりになった多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、未だ不自由な避難生活を続けていらっしゃる被災地の方々へ謹んでお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り致します。
詳細

坂上チユキ展「博物誌」

2011/03/08

坂上チユキ展「博物誌」2011年3月12日-4月9日
2000年にMEMで開催された「Caeruleus」展以来10年ぶりに坂上チユキの個展を開催致します。青のインクでアルシュ紙に昨年から今年にかけて一気に描き上げられた各作品には、坂上が敬愛する鳥類を中心に、海百合、古代魚、昆虫、怪物等が未知の言語とともに描かれています。約30点のドゥローイングに加え、数点の水彩画と銅版画を展示致します。

北野謙 岡本太郎現代芸術賞特別賞受賞

2011/02/24

北野謙が第14回岡本太郎現代芸術特別賞を受賞しました。同賞の特別展が4月3日まで川崎市岡本太郎美術館で開催中で、北野謙はour faceシリーズの三影堂(北京)での個展で発表した大型写真作品と、無数のコンタクトプリントを使用したガラスの彫刻作品を展示しています。詳細

松井智惠ビデオ作品上映会

2月27日(日)12:00-20:00 参加無料

初期のミニマルな動きを延々と反復するShe reachesから近作HEIDIシリーズまでほぼ全作品を上映致します。

上映作品
HEIDI 44 (2004), HEIDI 45 (2005), HEIDI 46 “brick house” (2006), HEIDI 47 “being” (2007)
HEIDI 49 “vision-river” (2009), HEIDI 49 ” vision-mist” (2009)
HEIDI 50 “on the day”(2010新作)

会場のモニターでループ上映
She Dissolves (2000), She Reaches (2000), Kojima (2002), ヒマラヤ(2003)

MEM at JPADS PHOTOGRAPHY SHOW 2011

JPAD PHOTOGRAPHY SHOW
February 24 – 27, 2011
Instyle Photography Center, 5-2-9, Minamiazabu, Minatoku, Tokyo

MEM at TOKYO FRONT LINE

2011/02/16

February 17 – 20 at 3331 Arts Chiyoda
booth G5, 出展作家: 児玉靖枝, 北野謙, 原久路, 澤田知子
We will show the works by Yasue Kodama, Ken Kitano, Hisaji Hara, Tomoko Sawada at Tokyo Front Line

松井智惠展 HEIDI 50 -on the day

2010/12/30

2011年2月5日-3月5日 松井智惠の映像作品「HEIDI」シリーズから最新作”HEIDI 50 – on the day」をビデオインスタレーションとして構成・展示致します。

年末年始休廊について

Information

12月27日-1月6日まで休廊いたします

gallery artists group show

2010/12/21

12月17日-1月30日 北野謙、児玉靖枝、坂上チユキ、澤田知子、山口典子、松井智惠、渡辺紗知子

澤田知子展会期延長のお知らせ 12月12日まで開催

2010/11/27

澤田知子展 Mirrors 12月12日(日)まで会期延長致します。

MEM at Paris Photo, booth B39

2010/11/15

中山岩太、椎原治、澤田知子、森村泰昌、北野謙、シャルル・フレジェ、榮榮&映里
Iwata Nakayama, Osamu Shiihara, Tomoko Sawada, Yasumasa Morimura, Charles Fréger, RongRong & inri
more…

澤田知子 x 笠原美智子 トークセッション

Event
2010/11/08

澤田知子関連企画として、東京都写真美術館の笠原美智子さんを招いて以下のようにトークセッションを開催します。

2010年11月12日(金)18:30 対談 笠原美智子 X 澤田知子
ニューヨークでの約3年に渡る滞在から一時帰国し、渡米後現地で制作した初めての作品を展示中の澤田知子。ニューヨーク滞在での作品の変化、新作について等々、笠原美智子を対談相手に招きスライドショーを交えたトークセッションを開催致します。
会場 NADiff a/p/a/r/t tel. 03-3446-4977 参加無料

澤田知子展 Mirrors

2010/10/24

澤田知子展 Mirrors, MEM
October 24 – November 24
詳細

榮榮 & 映里 来日アーティストトーク

Event
2010/09/23

9月25日土曜日 16:00-
入場無料
主催 NADiff (tel 03-3446-4977)
榮榮と映里を迎え、二人の作家活動を中心に、北京の美術シーンについてもスライドショーを交えながら講演。NADiff a/p/a/r/tでは、二人が主催する三影堂出版社フェアも開催。

榮榮 & 映里展

2010/09/06

榮榮&映里展 MEM
September 25 – October 22, 2010
詳細

北山善夫作品出展 瀬戸内国際芸術祭2010 

瀬戸内海、男木島(おぎじま)にて http://setouchi-artfest.jp/

7月19日(祝) – 10月31日(日), 2010

作品鑑賞パスポート:一般5000円(前売4000円)

展覧会内容

『瀬戸内国際芸術祭2010 – アートと海を巡る百日間の冒険 -』に、北山善夫が出展いたします。18の国と地域から75組のアーティスト、プロジェクト、イベントなどが参加し、瀬戸内海の7つの島と高松で開催されます。北山作品が展示される男木島は、山頂近くにある豊玉姫神社が安産の神様として祭られた伝説をもつ島です。人間の生と死をテーマに、この神社の伝説から着想を得て土地に触発された新作のインスターレーションと絵画が一同に展示されます。

ギャラリー移転のお知らせ

2010/07/14

9月5日より弊社のギャラリーを下記へ移転することになりました。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4  NADiff A/P/A/R/T 2F  tel:03-6459-3205

北野謙『our face』個展(北京、三影堂にて)

2010/07/06
春の「京おどり」で舞う芸妓さん・舞妓さん30人を重ねた肖像  京都府, 2003
春の「京おどり」で舞う芸妓さん・舞妓さん30人を重ねた肖像 京都府, 2003

7月3日(土) – 8月1日(日), 2010
北京、三影堂にて http://www.threeshadows.cn
open hours: 10:00-18:00
月曜、祝日休廊

展覧会内容 :
北野謙の代表作である『our face』の展覧会が北京の三影堂にて開催されます。ひとつのグループに属するおよそ20名から40名の人物のポートレイトを一枚の印画紙に重ねて焼き付ける手法で制作されるシリーズです。人々が活動、生活する場に出向き、その場で一人一人を撮影し、その後暗室で一つ一つのネガを引き延ばし機にセットし、短時間焼き付けます。一枚の印画紙に人物の眼の位置を中心として、ネガを一つずつ差し替えながら前の人物の上に繰り返し重ねて焼き付けていきます。現在、撮影対象をアジア全域に拡げ、この「our face」のプロジェクトは進行しています。今回、三影堂で発表されるシリーズは、2.0×1.4mの大判の印画紙に焼いた20点あまりの「our face」新作をはじめ、「溶游する都市」のラージプリントや最新作のランドスケープシリーズ「one day」も展示されます。

シンポジウム:  7月10日(土)テーマ「アジアの肖像写真、その表現性について(仮)」言語:中/日。パネラー:日本から 日高優(群馬県立女子大学専任講師)、光田由里(渋谷区立松濤美術館学芸員)。内容:our faceのプロジェクトのプレゼンテーションとアジアの肖像写真について日中の専門家による意見交換。中国側の専門家は現在検討中。 

オープンスタジオ:7/11・7/17 両日、暗室作業公開。

MEM at Art Osaka 2010

July 10&11 at  Rm#1002 at Dojima Hotel, Osaka

http://www.artosaka.jp

MEM at Art HK10

2010/03/06

May 27 – 30 at Hong Kong Convention and Exhibition Centre

http://www.hongkongartfair.com/

MEM at SEOUL PHOTO 2010

April 29 – May 3 at B Hall COEX in Seoul, Korea

http://www.seoulphotofair.com/

MEM at Art Fair Tokyo 2010

booth E15, April 2 – 4 at Tokyo International Forum, Exhibition Hall & Lobby Gallery

http://www.artfairtokyo.com/

北野謙 『溶游する都市/Flow and Fusion』

2010/03/04

溶游する都市/Flow and Fusion March 5 – March 21, 2010 会場:UPフィールドギャラリー(東京)

http://www.upfield-gallery.jp/

MEM at Paris Photo 09

2009/11/14

booth B39, November 19 – 22 at the Carrousel du Louvre

http://www.parisphoto.fr/

北野謙写真集「溶游する都市」発売

Event
2009/10/29
プリント付き

北野謙が90年代に東京の路上をスローシャッターで撮影したモノクロ写真のシリーズ「溶游する都市」がこのたび写真集として刊行されました。500部限定部数のうち100部はモノクロ六つ切りサイズのオリジナルプリント付きです。オリジナルプリントは下記2点よりお選びいただけます

渋谷/東京 1991
渋谷/東京 1991
真昼と花火/所沢/埼玉 1997
真昼と花火/所沢/埼玉 1997

掲載写真23点/全108ページ/330x360mm
限定500部(エディションナンバー・サイン入り)
定価: 18,900円(限定400部)/50,400円 (限定100部・オリジナルプリント付)
造本:町口覚 (match and Company,inc.)
編集:本尾久子 (eyesencia)

松井智惠展 An Allegorical Vessel HEIDI49 vision-mist

2009/10/17

October 17 – November 14, 2009


MEM at ShContemporary

2009/08/06

booth E37, September 10 – 13, 2009

http://www.shcontemporary.info/

MEM at Tokyo Photo

2009/08/05

September 4 – 6, 2009

http://www.tokyophoto.org/

MEM at Art Taipei 09

2009/08/04

booth C08, August 28 – September 1, 2009

http://www.art-taipei.com/

MEM at Art Osaka09

2009/08/03

August 21 – 23, 2009

MEM at Art Fair Tokyo 09

2009/03/12

April 3 -5

http://www.artfairtokyo.com/index.html

Top