これはarchive.phpファイルで実行されてます

Archive for 2004

This isn't a Duchamp, or is it? : Yukio Fujimoto, Yasumasa Morimura

水曜日, 10月 20th, 2004

morimuracard

kotobu

This isn’t a Duchamp, or is it? : Yukio Fujimoto, Morimura Yasumasa

November 1 – December 18, 2004

Press Release

November 1 through December 18, 2004
Opening hours: 11AM − 7 PM

Reception: November 1st, 5:00-7:00 PM

MEM presents the two-person show This isn’t a Duchamp, or is it? by Yasumasa Morimura and Yukio Fujimoto featuring collaborative works that pay homage to Marcel Duchamp.

Since the middle of the 1980s, Morimura has been internationally esteemed for his self-portrait series Daughter of Art History, which is centered around the artist’s appropriation of well-known Western paintings. In the80s, Morimura also produced a series entitled Doublonage based a number of works by Duchamp, including Chocolate Grinder and Fresh Widow.
Fujimoto is a sound artist whose works take many forms, including installation, sculpture, performance and public projects. He was invited to participate in the 2001 Venice Biennnale and showed a sound installation at the Japanese pavilion. Some of Fujimoto’s sound objects and art works depend on Duchamp’s concepts, especially the idea of “infra-thin.”

About the edition work by Fujimoto and Morimura
The central work of the exhibition is an edition work based on “L.H.O.O.Q. Shaved” by Duchamp in 1965. Duchamp’s original work was a readymade with a reproduction (in actuality, a playing card) of da Vinci’s Mona Lisa mounted on a dinner invitation distributed on the occasion of the preview of his exhibition in New York. Duchamp pasted a playing card reproducing Mona Lisa on its back on the invitation and wrote down “L.H.O.O.Q. Shaved” just under the card.
Fujimoto suggested making the custom playing cards reproducing “Mona Lisa in Pregnancy,” a version of the Mona Lisa made by Morimura, in order to recreate the invitation card by Duchamp as an edition work. Fujimoto’s idea is to add a moustache and goatee to Morimura’s Mona Lisa, also on a playing card: in this variant of L.H.O.O.Q Shaved, Mona Lisa gets pregnant, undressed and moustached all in one fell swoop.
Morimura has proposed a closing event for the show in order to put the finishing touches on the edition work in collaboration with the guests who buy it. Thus the work is also the invitation itself to the event. The closing event is entitled, “Given: 1. Mona Lisa in Pregnancy, 2. Playing cards.” The edition work bears the same title.
A sample of the edition work will be exhibited at the show with decks of the custom playing cards.

In addition, Morimura will exhibit a series of new photographs featuring his self-portrait as Duchamp with a shaved head. Fujimoto will also exhibit new works related to the work of Duchamp.

GIVEN: 1. MONA LISA IN ITS PREGNANCY, 2.PLAYING CARDS
A closing event to complete a collaborative project
Date: December 19 AM11:00 ̄

Those who want to buy the edition work will be invited to the event one at a time through the day. Each customer participates in a ritual to complete the edition work in collaboration with Fujimoto and Morimura. It will take a couple of minutes per person. The detail of the ritual will not be disclosed. The customers who won’t be able to take part in the event can ask the gallery to send the works to them later. Contact the gallery for details.

GIVEN: 1. MONA LISA IN ITS PREGNANCY, 2.PLAYING CARDS
Edition work by Yukio Fujimoto, Yasumasa Morimura
Limited edition of 53
Size: 40 x 29 cm (folded)
Readymade: reproduction of Mona Lisa in Pregnancy (8.8 x 6.2), mounted on paper
Handwritten and signed by Fujimoto and Morimura
A deck of playing cards with the image of Morimura’s Mona Lisa printed on card backs is accompanied.

Closing event
Given: 1. Mona Lisa in Its Pregnancy / 2.Playing Cards
February 13, 2005

「これはデュシャンではない」、ですか。藤本由紀夫、森村泰昌 二人展

水曜日, 10月 20th, 2004

morimuracard
kotobu

「これはデュシャンではない」、ですか。藤本由紀夫、森村泰昌 二人展

2004年11月1日〜12月18日

Press Release

森村泰昌氏,藤本由紀夫氏を迎え、美術家マルセル・デュシャンの仕事に関連づけた展覧会を開催致します。本展は国立国際美術館で開催の「マルセル・デュシャンと20世紀美術展(http://www.nmao.go.jp/japanese/kako.html)の会期にあわせて開催されます。森村・藤本両氏も同展で関連作品を展示致します。

展覧会タイトル: 「これはデュシャンではない」、ですか。 藤本由紀夫・森村泰昌二人展
2004年11月1日(月)-12月18日(土)日・祝休廊 Open: 11:00-19:00

マルセル・デュシャンの作品の続編ともいうべき藤本・森村による共作のエディション作品を中心に、個別の新作10点程度で構成。展覧会にあわせて森村作品の「身ごもるモナ・リザ」のトランプを制作。トランプは最終的に二人の合作のマルチプル作品の一部として使われることになる。

クロージングイベント
「モナ・リザとトランプが与えられたとせよ」(GIVEN: 1.MONA LISA IN ITS PREGNANCY 2.PLAYING CARDS)
完全予約制時間指定
 藤本・森村共同制作のマルチプル作品予約者と、作家による儀式。
作品予約者には同イベントへの招待状が送られ、指定された時間に来廊。
予約者と両作家3名によって、密室の中である儀式が執り行われ作品が手渡たされる。

エディション作品:「モナ・リザとトランプが与えられたとせよ」
(GIVEN: 1.MONA LISA IN ITS PREGNANCY 2.PLAYING CARDS)
サイズ:A4版二つ折り
エディション:53
素材・技法:ハーネミューレ紙に森村作品「身ごもるモナ・リザ」の複製を印刷したトランプ1枚、各作品には森村泰昌オリジナルトランプひと組が付く

About

m_web_du_ev1

Page1
「これはデュシャンではない」、ですか。
藤本由紀夫・森村泰昌
この展覧会は、故マルセル・デュシャンとの共同制作と両作家によって位置づけられている。左の図版は本企画の中心になるマルチプル作品。タイトルは、「トランプとモナ・リザが与えられたとせよ(再び)」。

m_web_du_ev2

Page2
このエディションはマルセル・デュシャンが1965年の個展の内覧会の招待状にモナ・リザのトランプを一枚貼り付け「髭を剃ったL.H.O.O.Q」と書き添え送付したものを念頭において、その続編として制作されたものである。
デュシャンは市販のモナ・リザの複製トランプを使用したが、今回は森村が98年に制作した「身ごもるモナ・リザ」のイメージを使用したトランプを制作することからはじまった。

m_web_du_ev3

Page3
会期中マルチプル作品の見本を展示し、エディションの予約者を募り、ある「儀式」への招待状を発送。会期終了後に儀式「モナ・リザとトランプが与えられたとせよ」を行い、招待状を持参した予約者一人ずつ作家二人といっしょに個室である行為が行われ、招待状にトランプが貼られ、モナ・リザに再び髭が戻され、なにかが手書きされて作品になった招待状を持ち帰ってもらう趣向である。「儀式」は2005年2月13日に執り行われた。
エディション数は53に決められた。一箱のトランプの札数である。予備の白いカードが一枚はいっており、それには髭だけ儀式の際に書き加えられることが決められタイトルは「モナ・リザとトランプが与えられたとせよ(忘れ物)」となった。(左図版参照・見本)

m_web_du_ev4

Page4
展示会場風景
「モナ・リザとトランプが与えられたとせよ(再び)」、「同(忘れ物)」のサンプル額装が展示された他、2つの共同作品が置かれる極めてシンプルな会場となった。廊下をはさんだ小部屋には森村・藤本それぞれのデュシャン関連の作品が展示された。

m_web_du_ev5

Page5
展示会場の窓辺には「秘められた音のために」という作品(トランプの箱)が置かれている。これは勿論同名のデュシャン作品に対応しているわけだが、トランプの箱に藤本・森村両氏がそれぞれなにかを入れすぐに封印したもので、振ると音がする。

m_web_du_ev6

Page6
床には一点ぽつんとシュレッダーかゴミ箱のようなものが置かれている。この作品には「泉(fountain)」というタイトルが付けられている。会期中の作家の指示は、観客に50円で森村トランプ1枚を販売し、それをここで裁断するというものである。会場に置かれた解説書のなかには「使用料50円」という記述だけある。

Edition works

Closing Event

「モナリザとトランプが与えられたとせよ」

Works

YUJO GA HOTOTOGISU : Yoshio Kitatsuji

土曜日, 5月 1st, 2004

ki_yu

YUJO GA HOTOTOGISU : Yoshio Kitatsuji

May 8 – June 5, 2004

Installation View

  • ki_web_ex1
  • ki_web_ex2

Works

北辻良央『遊女が時鳥』

土曜日, 5月 1st, 2004

ki_yu

北辻良央『遊女が時鳥』

2004年5月8日(土)〜6月5日(土)

press release

近年日本や西洋の神話・歴史のさまざまな要素を自在に彫刻作品や素描、版画に取り入れ独自の世界を作り上げてきた北辻良央。今回は大阪近代の俳人蕪村を隠しテーマに、自然と人間の関わりとそこから生まれる神話や伝承をテーマに新作を展開します。

作家コメント

漁者と樵者は、海(湖、川)と山(森、林)の自然との対峙によって収穫を得る。耕者は自然を利用し、稲作によって収穫を得る。又、漁者・樵者と耕者の様にも言える。

嘗て、大坂へ下る俳人は、舟上から「若竹や橋本の遊女ありやなし」という句を詠んだ。嘗て、京を終の栖とした画人は、露地奥の庵で数多の「山水画」を描いた。

遠い昔を思う今日と明日に思う遠い昔の中で、東雲の山影を紙に写し、西海に浮かぶ人影を木に刻む。そして、野にある私は、耕者でありながら漁者にも樵者にもなる。

北辻良央

Installation View

  • ki_web_ex1
  • ki_web_ex2

Works