深韻-水の系譜

児玉靖枝は80年代静物画の一連の作品から始まり、90年代の簡素で力強い抽象画の時代を経て、《深韻》と名付けられたシリーズに継続的に取り組んでいます。《深韻》では、ものや自然の存在がふと立ち現れる、認識以前の陰影や奥行をともなった感覚を扱っています。《深韻-水の系譜》では、直接主題に選ばれているものは何処にでもあるような雑木林や池ですが、児玉がそのなかで体験する光景は、自分自身の魂の反映でもあると言います。雑木林があっという間に霧で覆われてしまったときの身体感覚。真冬の早朝に目撃した池の氷に映った光景が見せる存在の気配。児玉はそれらを絵画的行為として、幾重かの層を重ねながら、描く行為と絵具の現象との狭間で生成させていきます。


Top