椎原治
Osamu Shiihara
(1905-74)

  • Works

1905年、大阪市に生まれる。1928年に東京美術学校西洋画科に入学し、藤島武二の下で学ぶ。32年同校を卒業、関西に戻り、兵庫県武庫郡今津町にアトリエを構える。このころ丹平写真倶楽部に加わる。丹平倶楽部は1930年、大阪心斎橋の丹平ハウスで結成されたアマチュア写真クラブで、安井仲治、上田備山を指導者とし、浪華写真倶楽部、芦屋カメラクラブと並んで、関西における新興写真の拠点であった。椎原はこの丹平倶楽部の中心メンバーのひとりとして活躍。フォトグラムやソラリゼーションなどの特殊技法のほか、写真とドローイングの併用技法ともいえる「フォトパンチュール」という独自の技法を駆使し、近代的な写真作品を数多く残した。戦後は大阪府池田市に移り、染色関係の会社に勤務する傍ら写真を続ける。 53年には丹平の会員、棚橋紫水、河野徹らと共にシュピーゲル写真協会を結成した。

Works