これはarchive.phpファイルで実行されてます

Archive for 2020

Kimiyo Mishima

土曜日, 7月 4th, 2020

We will extend the exhibition period of Kimiyo Mishima until July 12.

Business days is from Thursday to Sunday
Opening hours is from 1pm to 7pm

Requests to visitors:
• Please refrain from visiting the gallery if you have a fever or cold symptoms such as cough, sneeze, and a runny nose.
• Please practice good etiquette by wearing a mask, and disinfecting your hands. Visitors who do not wear masks will kindly be refused entry.
• Up to five people are allowed to visit exhibition at any one time.
• Please keep social distance from other visitors inside the gallery.
• Please do not touch the exhibits.

三島喜美代展

土曜日, 7月 4th, 2020

7/5を最終日としておりましたが、ご好評につき7月12日(日)まで延長いたします。

三島喜美代展
営 業 日 7/4(土)・7/5(日)・7/9(木)・7/10(金)・7/11(土)・7/12(日)
営業時間 13:00-19:00
定 休 日 月・火・水

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

営業再開と三島喜美代展会期延長のお知らせ|Announcement of reopening

水曜日, 6月 3rd, 2020

新型コロナウイルス拡大防止のため4月より臨時休業しておりましたが、緊急事態宣言解除に伴い、以下のように営業日と時間を短縮して段階的に再開いたします。今後の状況を鑑みて営業時間を調整する場合は、ウェブサイトおよびSNS( Twitter @MEM_INC )でお知らせいたします。

6月6日(土)より再開:三島喜美代展 [会期延長7月5日(日)まで]
営業日:木、金、土、日(月~水はお休みさせていただきます。)
営業時間:13:00–19:00

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

****************************
We are pleased to announce that MEM will reopen on June 6, following temporary closure in order to prevent the spread of COVID-19.
We will extend the exhibition period of Kimiyo Mishima until July 5.

The business days and opening hours will be changed as follows.
Business days is from Thursday to Sunday
Opening hours is from 1pm to 7pm

Requests to visitors:
• Please refrain from visiting the gallery if you have a fever or cold symptoms such as cough, sneeze, and a runny nose.
• Please practice good etiquette by wearing a mask, and disinfecting your hands. Visitors who do not wear masks will kindly be refused entry.
• Up to five people are allowed to visit exhibition at any one time.
• Please keep social distance from other visitors inside the gallery.
• Please do not touch the exhibits.

三島喜美代展

日曜日, 5月 31st, 2020

会期|2020年3月14日(土) – 4月12日(日)7月12日(日)まで延長します。
会場|MEM map
営業日|木、金、土、日(月~水はお休みさせていただきます。)
営業時間|13:00–19:00
電話|03-6459-3205

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

展覧会詳細ページ

Kimiyo Mishima

金曜日, 5月 29th, 2020

Date|March 14 – April 12 extended until July 12, 2020
Venue|MEM (NADiff A/P/A/R/T 3F, 1-18-4 Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo 1500013 Japan)
Open hours|12:00-20:00
Closed on Mondays [Unless it is a public holiday or a compensating holiday, in which case will be closed on Tuesday.]

The business days and opening hours will be changed as follows.
Business days is from Thursday to Sunday
Opening hours is from 1pm to 7pm

Tel|+81-(0)3-6459-3205

【Requests to visitors】
• Please refrain from visiting the gallery if you have a fever or cold symptoms such as cough, sneeze, and a runny nose.
• Please practice good etiquette by wearing a mask, and disinfecting your hands. Visitors who do not wear masks will kindly be refused entry.
• Up to five people are allowed to visit exhibition at any one time.
• Please keep social distance from other visitors inside the gallery.
• Please do not touch the exhibits.

more information

臨時休廊延長のお知らせ|Temporary Closure Extension

水曜日, 5月 6th, 2020

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い4月7日に発令された緊急事態宣言を受け、5月31日まで臨時休廊を延長いたします。
その後の営業につきましては、引き続き政府からの情報など今後の状況を鑑みながら検討を重ねて慎重に判断し、5月下旬ごろにウェブサイトおよびSNS(Twitter @MEM_INC)でお知らせいたします。
営業再開を楽しみにされていた皆さまには多大なるご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、作家や作品についてのお問い合わせはメール(art@mem-inc.jp)、電話(03-6425-9482)にて受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

****************************

MEM is extending the closure at least through May 31, with the rapid expansion and the uncertain situation of COVID-19 infection, considering the prevention of COVID-19 infection and in response to the requests from the Japanese government.

The reopening date of Kimiyo Mishima’s exhibition will be posted in the end of May on the official website and SNS.

For enquiries please contact: art@mem-inc.jp

We apologize for the inconvenience and appreciate your understanding and cooperation.

臨時休廊のお知らせ|Temporary Closure

火曜日, 3月 31st, 2020

週明けの新型コロナウィルス感染者数の急増に伴い、4月1日(水)より当面のあいだ休廊いたします。
開催中の三島喜美代展につきましては、状況を見ながら改めて再開の時期をウェブサイトやSNS等でお知らせいたします。
急なご案内となり、ご来廊を予定されていた皆様には申し訳ございません。

皆様の安全と健康を最優先に感染防止に協力する所存でございます。ご理解ご協力いただけましたら幸いです。

なお、作家や作品についてのお問い合わせはメール(art@mem-inc.jp)、電話(03-6425-9482)にて受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

****************************

MEM will temporarily close to the public from Wednesday 1st April to prevent the further spreading of COVID-19.
The reopening date of Kimiyo Mishima’s exhibition will be posted at a later date on the official website and SNS.

For enquiries please contact: art@mem-inc.jp

We apologize for the inconvenience and appreciate your understanding and cooperation.

臨時休廊と営業時間変更のお知らせ|Temporary Closure and Opening Hours Change

木曜日, 3月 26th, 2020

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、MEMは3月28日(土)、29日(日)を臨時休廊とさせていただきます。なお、開催中の三島喜美代展は3月31日(火) – 4月12(日)の間、営業時間を12:00-19:00に短縮し引き続きオープンいたします。
みなさま各自のご健康を優先させ、ご無理の無い範囲でお越しくださいませ。

三島喜美代展
《営業時間変更》
2020年3月27日(金) 12:00–20:00
2020年3月28日(土)、29日(日) 臨時休廊
2020年3月31日(火) – 4月12日(日) 12:00–19:00

****************************

Due to government precautions regarding COVID-19, MEM will temporarily close to the public on March 28(Sat) & 29(Sun). From Tuesday 31 March, the gallery will be open from 12:00 to 19:00. We apologize for the inconvenience caused.

Kimiyo Mishima
《Change in Opening Hours》
March 27 (Fri.), 12:00–20:00
March 28 (Sat.) and 29 (Sun.), Closed
March 31 (Tue.) – April 12 (Sun.), 12:00–19:00

Kimiyo Mishima

木曜日, 3月 5th, 2020

01

02

03


Kimiyo Mishima

Date|March 14 – April 12 extended until July 5, 2020
Venue|MEM (NADiff A/P/A/R/T 3F, 1-18-4 Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo 1500013 Japan)
Open hours|12:00-20:00
Closed on Mondays [Unless it is a public holiday or a compensating holiday, in which case will be closed on Tuesday.]

The business days and opening hours will be changed as follows.
Business days is from Thursday to Sunday
Opening hours is from 1pm to 7pm

Tel|+81-(0)3-6459-3205

【Requests to visitors】
• Please refrain from visiting the gallery if you have a fever or cold symptoms such as cough, sneeze, and a runny nose.
• Please practice good etiquette by wearing a mask, and disinfecting your hands. Visitors who do not wear masks will kindly be refused entry.
• Up to five people are allowed to visit exhibition at any one time.
• Please keep social distance from other visitors inside the gallery.
• Please do not touch the exhibits.

Born in 1932 in Osaka. Mishima began painting in the 1950s. As she developed her own style, Mishima gradually began using newspapers and magazines to collage on top of painting. Shigeji Mishima (1920-1985), a painter and her husband, encouraged her to explore further with different techniques. Shigeji studied under Jiro Yoshihara, the leader of Gutai Group, although he didn’t join the group himself. At the beginning of the 1970s, Mishima made a first group of ceramic sculptures of everyday items including newspaper. Minami Garo, a leading contemporary art gallery in Tokyo, hosted Mishima’s solo show in Tokyo in 1974 showing such ceramic sculptures.
Ceramic sculptures of everyday items and waste material became Mishima’s trademark, while always experimented with new techniques and materials such as volcano ash, fibre-reinforced plastic (FRP) and polyester. For example, she was fascinated by making waste sculptures from Molten slag—a recycled glass-like material made by heating industrial waste to over 1300℃.

Mishima’s work is in the permanent collection of important institutions and museums around the world, including National Museum of Modern Art in Kyoto, Tokyo Metropolitan Museum of Contemporary Art, Minneapolis Institute of Arts in Everson, Museum of Arts in New York, Samuel P. Harn Museum of Art in Florida, Smith College in Massachusetts, Musée Cernuschi in Paris, Musée Ariana in Geneva, The Korean Culture & Arts Foundation in Seoul, M+ in Hong Kong, and ARTER | Vebi Koç Foundation in Istanbul.

三島喜美代展

金曜日, 2月 28th, 2020

01

02

03


三島喜美代展

会期|2020年3月14日(土) – 4月12日(日) 7月5日(日)まで会期延長
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]

6月6日(土)より当面の間、下記の通り営業日の変更と営業時間短縮をさせていただきます。
営業日|木、金、土、日(月~水はお休みさせていただきます。)
営業時間|13:00–19:00

電話|03-6459-3205

【感染予防ご協力のお願い】
発熱や咳やくしゃみ、鼻水などの風邪の症状があるお客様はご遠慮くださいませ。
マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒のご協力をお願い致します。
マスクを着用されていない方は入店をご遠慮いただきますことあらかじめご了承ください。
入店は同時に5名までとし、入店人数によって一時的にお待ちいただく場合がございます。
人と人との間隔をなるべく開けてご鑑賞ください。
展示品にはお手を触れないようお願いいたします。

三島喜美代が長年取り組んできた作品の主題は、高度産業化社会が生み出す膨大な製品、日用品と情報媒体が生み出す「ゴミ」、そして処理能力の限界からそれに飲み込まれつつある現代の社会、その結果としての環境破壊と生態系への影響などに関係があります。陶で制作された本物と見紛うばかりの新聞や果物の箱などが三島作品として有名ですが、陶のみならず鉄、パラディウム、金などの金属材質、セメント、煉瓦、高熱で産業廃棄物を処理することで生まれる溶融スラグなど、様々な工業素材を使った立体作品とインスタレーションにその本領があります。
本展では、三島が長年アトリエに寝かせていた産業廃棄物やそれを加工した素材等で構成される新作のインスタレーションを中心に展示いたします。