Th_DSC_6854

Th_DSC_6844

Th_DSC_6860


北山善夫展『事件』

会期|2019年5月18日(土) – 6月16日(日)*6月23日(日)まで会期延長
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

オープニングレセプション
日時|2019年5月18日(土) 18:00〜
会場|MEM

北山善夫は80年代より和紙にインクで描く大きいスケールの絵画に取り組んでいます。それらは、あらかじめ 制作した人型の粘土の彫刻を平面に写し取った「偶像図」と、独自の世界観を表す「宇宙図」という2つのシリー ズに分けられます。これらはそれぞれ絵画における図と地の問題に取り組んだものでした。本展は北山の2014年以来の個展になり、両シリーズの新作を展示いたします。特に2006年から取り組み十年以上かけて完成した約5mの幅を持つ宇宙図『事件』を初めて公開します。近年の「宇宙図」は無数に描かれた丸の集積が画面全体を覆う作品に変化していきました。原子や分子が集まりこの宇宙を作っているように、極小の丸の集合が波のようにうねりながら生命に満ちたひとつの世界をつくりあげています。北山はこれらを従来の意味での抽象画ではなく、量子力学的な視点から宇宙を描いた具象画だと言っています。