これはarchive.phpファイルで実行されてます

Archive for 2018

【Current】Tomoko Sawada “KAGEBŌSHI”

月曜日, 11月 19th, 2018

Date|December 1 – 28, 2018
Venue|MEM map
Open hours|12:00-20:00
Closed on Mondays [Unless it is a public holiday or a compensating holiday, in which case will be closed on Tuesday.]
Tel|+81-(0)3-6459-3205

【OPENING RECEPTION】
Date&Hour|December 1, 18:00〜

Venue|MEM
Admission|Free

Tomoko Sawada “KAGEBŌSHI”

月曜日, 11月 19th, 2018

Sawada_dm_s


Tomoko Sawada “KAGEBŌSHI”

Date|December 1 – 28, 2018
Venue|MEM map
Open hours|12:00-20:00
Closed on Mondays [Unless it is a public holiday or a compensating holiday, in which case will be closed on Tuesday.]
Tel|+81-(0)3-6459-3205

【OPENING RECEPTION】
Date&Hour|December 1, 18:00〜

Venue|MEM
Admission|Free

澤田知子展『影法師』

月曜日, 11月 19th, 2018

Sawada_dm_s


澤田知子展『影法師』

会期|2018年12月1日(土) – 12月28日(金)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

オープニングレセプション
日時|12月1日(土) 18:00〜

——————
影法師

前作FACIAL SIGNATUREから取り組んでいる「どうやって人は人を判断するのか」という
疑問は未だ解決しないままですが、ずっと作りたかった作品、でもどうやったら形にできるのか
分からなかった映像作品が、実は「どうやって人は人を判断するのか」ということを
考えることに繋がると気がつきました。作るにあたって少々秘密を組み込みましたが、
最終的に写真の基本でもある光と影の表現として完成しました。

澤田知子

【開催中】澤田知子展『影法師』

日曜日, 11月 11th, 2018

会期|2018年12月1日(土) – 12月28日(金)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

オープニングレセプション
日時|12月1日(土) 18:00〜

詳細

年末年始休廊のお知らせ|Holiday Closing Schedule

土曜日, 11月 10th, 2018

2018年12月30日(日) 〜 2019年1月6日(日)の間、年末年始休廊とさせて頂きます。
MEM will be closed from Dec. 30, 2018 through Jan. 6, 2019 for the winter holidays.

【ART FAIR】パリフォト2018 | PARIS PHOTO 2018

金曜日, 10月 26th, 2018

PP18_logo
11月8日よりパリのグラン・パレで開催される「PARIS PHOTO 2018」へ出展致します。
日時:2018年11月8日(木) – 10日(土) 12:00-20:00
   2018年11月11日(日) 12:00-19:00
VIPプレビュー:2018年11月7日 14:00-21:30
会場:Grand Palais (Avenue Winston Churchill 75008 Paris)
ブース:C12
出展作家:津田洋甫、関岡昭介、酒井平八郎

MEM will take part in PARIS PHOTO, at Grand Palais.
Dates and hours:November 8 Thu. – 10 Sat. 12:00-20:00
         November 11 Sun. 12:00-19:00
Vernissage:November 7 Wed. 14:00-21:30
Venue:Grand Palais (Avenue Winston Churchill 75008 Paris) map
Booth:C12
Artists: Yoho Tsuda, Shosuke Sekioka, Heihachiro Sakai

catalogue_2

Keizo Motoda “GOIKEN-MUYO”

金曜日, 8月 31st, 2018

Press_motoda_s

th_goiken061

th_goiken075


Keizo Motoda “GOIKEN-MUYO”

Date|September 15 – October 14, 2018
Venue|MEM map
Open hours|12:00-20:00
Closed on Mondays [Unless it is a public holiday or a compensating holiday, in which case will be closed on Tuesday.]
Tel|+81-(0)3-6459-3205

【EVENT】
Openin reception
Date&Hour|September 15, 18:00〜

Venue|MEM
Admission|Free

Hitoshi Toyoda × Keizo Motoda 
Slide Show “Days”
Date&Hour|September 29, 18:00〜

Venue|MEM
Capacity|20 people 
Admission|1500 JPY
Reservations required. Contact to art@mem-inc.jp 【Fully booked】

Keizo Motoda started a regular column called “ON THE STREET” in the newspaper, Osaka Shimbun, from 1996, in which he introduced people he met on the streets through text and pictures. The series eventually became the origin of his creative style that we see today. In every column, one picture and a text told the story of the person he’d come across that day, which vividly described the brief moment of encounter and the characters of his subjects.
The people Motoda had taken, had always been those who emitted a special air about them which made them stand out even in the crowds, and with a particular view of life.
Another characteristic of the series is that Motoda follows them through the course of their life, and takes same people he had once taken, after certain periods of time, from the 90s until today. Motoda and their life intersect continuously, which involve dialogues and sometimes some happenings in their private life, prompting a strange relationship of mutual trust, which eventually made his pictures even more alluring.
In this exhibition we’d like to introduce his new portrait series, with a focus on the photos taken with a 21mm wide lens with which he has been working in recent years.
His representative photograph collections include “Blue Water” (Wides Shuppan Co., Ltd, 2001), “MOTODABLACK” (MATCH and Company, 2008), “Capella” (MATCH and Company, 2010) , “SUNDAY HARAJUKU” (SUPER LABO, 2012) and many others.

元田敬三展『御意見無用』

金曜日, 8月 31st, 2018

Press_motoda_s

th_goiken061

th_goiken075


元田敬三展『御意見無用』

会期|2018年9月15日(土) – 10月8日(月・祝日)*10月14日(日)まで会期延長
[9月29日(土)はイベント開催のため、17:30で閉場]
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

【関連企画】
クロージング対談
北野謙×元田敬三

日時|10月12日(金) 19:00〜
会場|MEM
参加無料

–以下の企画は終了しました–
オープニングレセプション
日時|9月15日(土) 18:00〜
会場|MEM
参加費|無料

トヨダヒトシ × 元田敬三 スライドショー『日々』
日時|9月29日(土) 18:00〜
会場|MEM
定員|20名
参加費|1500円 
要事前予約|メールを送る 【満席】
*会場準備のため、17:30以降は展覧会をご覧いただけませんのでご注意ください。

 元田敬三は1996年大阪新聞で「ON THE STREET」という路上で出会った人々を文章と写真で紹介するシリーズを連載。それが現在に続く作品スタイルの原点になる。毎回の連載で、被写体との出会いを一枚の写真と記事で紹介しているのだが、一瞬の邂逅と人物像が鮮やかに伝わって来る。元田が選ぶ人たちは群衆の中であきらかに特異なオーラを放ち、独自の人生観を持っている人たちである。一度撮った人を時をおいて何度も密着して撮影するのも特徴で、90年代から現在までたびたび登場する人たちがいる。彼らと元田の人生が継続的にクロスし、対話があり、たまに私生活的な事情にも巻き込まれたりするが、不思議な信頼関係がありそれが写真を魅力的なものにしている。本展ではここ数年撮影している21mmの広角レンズを使って撮影された一連の新作ポートレイトを中心に紹介する。
 代表的な写真集に「青い水」(ワイズ出版, 2001), 「MOTODABLACK」(MATCH and Company, 2008), 「Capella」(MATCH and Company, 2010),「SUNDAY HARAJUKU」(SUPER LABO, 2012)等。

YOHO TSUDA, Early works in the 1950s and 1960s

水曜日, 8月 8th, 2018

Tsuda_1_s


YOHO TSUDA, Early works in the 1950s and 1960s

Dates|August 25 – September 9, 2018
Venue|MEM map
Open hours|12:00-20:00
Closed|Mon. (open on holiday Mon. and closed on the following days)
Tel|+81-(0)3-6459-3205

【TALK EVENT】
Date&Hour : August 25th, 18:00- at MEM
Guest : Ryuichi Kaneko (Photography historian), Takayuki Yoshikawa (the Naniwa Photography Club), Tomiko Taba (the Naniwa Photography Club)

Admission free, Japanese version only.
Opening reception will be held after the talk.

Yoho Tsuda (Nara, 1923-2014) joined Naniwa Photography Club (NPC) in 1949. NPC is the oldest Japanese amateur photo club founded in 1904. In the 1930s, NPC became one of the central photo clubs that lead photo avant-garde movement in Kansai area. Notable photographers from NPC at that period include Nakaji Yasui, Bizan Ueda, Kiyoshi Koishi and Gingo Hanawa. After the war, Tsuda joined NPC as a younger member and started exploring his own style partly inheriting the spirit of avant-garde in NPC in pre-war period. This show exhibits a group of vintage prints by Tsuda in the 1950s and 1960s, which showcase his early experimental approach to the medium. Tsuda gradually shifted his work from Subjective photography style to social documentary in the mid 1950s. During the 1960s, he started photographic series focusing on the nature in Japan, which became his lifework.
Tsuda’s work has been collected by public museums and institutions including The Metropolitan Museum of Art (New York), Osaka New Museum of Art, Tokyo Photographic Art Museum and Irie Taikichi Memorial Museum of Photography Nara city.

With the cooperation of the Naniwa Photography Club and Yoho photo gallery

津田洋甫展 – 初期作品 1950 – 60年代

水曜日, 8月 8th, 2018

Tsuda_1_s


津田洋甫展 – 初期作品 1950 – 60年代

会期|2018年8月25日(土) – 9月9日(日)
会場|MEM map
営業時間|12:00-20:00
定休日|月曜日 [祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊]
電話|03-6459-3205

【鼎談企画】
日時:8月25日(土) 18:00~
ゲスト:金子隆一(写真史家)、吉川隆之(浪華写真倶楽部)、田葉とみ子(浪華写真倶楽部)

*参加無料
*対談終了後にオープニングレセプション開催

津田洋甫(1923 – 2014)は奈良県吉野郡大塔村(現五條市)生まれ。1943年日本大学芸術学部映画科から学徒出陣、後に名誉交友推挙となる。昭和24年(1949年)に浪華写真倶楽部に入会。
同倶楽部は明治37年(1904年)創立の日本で最も長い歴史を持つ写真団体である。津田は戦後の浪華写真倶楽部の復興に尽力し、精力的に創作活動を続ける。1966年頃より樹木・水をテーマに日本の自然を撮り始める。1980年ニューヨークのローニンギャラリーで個展を開催し、展示作品のうち5作品がメトロポリタン美術館に収蔵される。その後、「四季百樹の詩」「水の詩」「大地の詩」各シリーズの写真展を大丸ミュージアム梅田をはじめ、東京、横浜などの百貨店で開催。それぞれの作品は奈良市写真美術館、大阪府、五條市に収蔵。また、北陸や東北の人々の生活を撮影した「なぎさ」シリーズは大阪新美術館準備室に収蔵されている。1995年紺綬褒章を受与される。主な写真集「木の色 風の音」「一期一会」「出会いの一瞬」他多数。1998年浪華写真倶楽部代表に就任。2005年倶楽部創立100周年記念展では、大阪京阪百貨店、東京都写真美術館、奈良写真美術館での開催に尽力した。
本展では戦前の浪華写真倶楽部の新興写真の流れを汲む実験的な作品も含め戦後50年代から60年代までの貴重なオリジナルプリントを展示いたします。

協力:浪華写真倶楽部 Yoho photo gallery