これはarchive.phpファイルで実行されてます

Archive for 2007

Yoshio Kitayama "ICONOGRAPHY/HISTORY"

土曜日, 12月 1st, 2007

kitayama_new_web

Yoshio Kitayama “ICONOGRAPHY/HISTORY”

December 4- 22, 2007
gallery hours: 11:00-18:00
closed on Sundays, Mondays & national holidays

図像説: 北山善夫

土曜日, 12月 1st, 2007

kitayama_new_web

北山善夫展 図像説(歴史)

2007年12月4日(火)-12月22日(土)
gallery hours: 11:00-18:00 日祝月休
reception: 12月4日 17:00-

北山の絵画はあらかじめ制作された粘土の彫刻を大きなスケールの紙に描き写す「偶像図」と、宇宙の曼荼羅図ともいえる「宇宙図」に分けられる。本展では、右の写真の「弱者・強者」も含めた最新作を中心に6点を展示。

関連催事:トークセッション
千葉成夫X北山善夫
12月20日(木)18:00-
参加無料(限定25名) 要予約

Noriko Yamaguchi "PEPPERMINT MOTHER"

月曜日, 10月 1st, 2007

pepper

series focal point Noriko Yamaguchi PEPPERMINT MOTHER

October 13 – November 3, 2007
gallery hours: 11:00-18:00
closed on Sundays, Mondays & national holidays

MEM presents new works by Noriko Yamaguchi. In PEPPERMINT MOTHER, Yamaguchi shows video installation accompanied with photographs and a sculpture. Her imaginary character PEPPERMING MOTHER and PEPPERMING GIRLSs are creatures born from chewing gum. Her video PEPPERMINT MOTHER, clay animation, shows numerous living chewing gums moving around and covering every part of Yamaguchi’s body.
Noriko Yamaguchi made her debut with her first series KEITAI GIRL, also a character as a human cell phone in 2003. In the following years, she produced series OGURARA HIME that based on an episode of the goddess of fertility in Japanese mythology. All her works are self-portraits with the idea of transmutation of human body.

For her recent activities, please visit here

PEPPERMINT MOTHER: 山口典子

月曜日, 10月 1st, 2007

pepper

series focal point 山口典子 PEPPERMINT MOTHER

2007年10月13日-11月3日
gallery hours: 11:00-18:00 日祝月休
reception: 10月13日 17:00-

山口は京都市立芸術大学を卒業、在学中よりKEITAI GIRL、OGURARA HIMEなど、身体・パフォーマンス性と電脳世界や神話の世界を関連づけたセルフポートレイト作品を写真、立体、ビデオに展開してきました。本展 「peppermint mother」は、ガムを噛み続ける行為に見いだされるエロティシズムに着目。ガムに夥しく身体を覆われたpeppermint motherという架空のキャラクターとその子供たちについてのビデオ作品、写真と彫刻により会場を構成。 映像作品は、山口自身とガムによるコマ撮りアニメ-ション。夥しい数のチューイングガムが、山口の全身すみずみまで覆い包んでいく圧倒的な映像 をご覧ください。

Maki Toshima "Alkaloidrome"

土曜日, 9月 1st, 2007

toshima_1

series focal point Maki Toshima Alkaloidrome

September 15 – October 6, 2007
gallery hours: 11:00-18:00
closed on Sundays, Mondays & national holidays
talk session: Yassumasa Morimura and the artist
October 6, 6PM, reservation required by email

Alkaloidrome: 戸島麻貴

土曜日, 9月 1st, 2007

toshima_1

series focal point 戸島麻貴展 Alkaloidrome

2007年9月15日-10月6日
gallery hours: 11:00-18:00 日祝月休
関連企画:トークセッション 森村泰昌X戸島麻貴
10月6日午後6時より 限定20名 メールにて事前予約制

戸島は東京芸術大学先端芸術表現専攻卒業、古今東西の神話や歴史を素材に現代社会の諸相にリンクする立体・平面作品を展開してきました。今回の展覧会名 ”alkaloidrome”は、南天に含まれる幻覚性毒物のアルカロイドと「症候群」を意味するsyndromeからなる造語です。戸島は以前から古来 装飾に用いられていた南天の実とそれの毒性に注目する作品を発表してきましたが、本展ではそれを映像インスタレーションと平面作品による構成でさらに発展 させた内容を発表します。

VISIONARIES

火曜日, 6月 12th, 2007

tani_web

VISIONARIES
works on paper
Yoshihisa Kitatsuji, Yoshio Kitayama, Chiyuki Sakagami, Sawako Tanizawa, Chie Matsui, Unica Zurn

2007, June 20-July 21
opening hours: 11:00-19:00
closed on Sundays, Mondays and national holidays

VISIONARIES

火曜日, 6月 12th, 2007

tani_web

VISIONARIES
works on paper
ウニカ・チュルン 北辻良央 北山善夫 坂上チユキ 谷澤紗和子 松井智惠

2007年6月30日(土)-7月20日(日)
opening hours: 11:00-19:00
日月祝休廊

松井智惠展「An Allegorical Vessels -HEIDI 47」

土曜日, 5月 26th, 2007

An Allegorical Vessels -HEIDI 47

松井智惠展「An Allegorical Vessels -HEIDI 47」

press release

MEMにて松井智惠の新作平面作品による展覧会を開催致します。松井は京都市芸術大学卒業。80年代より本格的なインスタレーションを手がける作家として活躍。90年代を通して、ニューヨーク近代美術館のproject展、Site Santa Fe等海外で紹介される機会も多く、その大掛りな空間造形と、微細なオブジェ群が融合した作品に高い評価を受けました。2000年以降映像作品を発表しはじめ、2005年横浜トリエンナーレでは有名寓話を大胆にモチーフに取り入れたHEIDIシリーズを発表し話題を呼びました。今回、松井は音楽家のHACOの依頼で、4月13日発売の新しいアルバム「RISKA」のジャケット・アートワークを手がけました。今回はこの仕事がきっかけで産み出された一連の絵物語風作品を数点の大型の油彩を中心に水彩画も含め展示致します。また関連企画として、HACOとのライブトーク、新作映像作品および近作の上映をremoにて行います。

remoでの関連企画
■ 松井智惠・映像作品 200-2007
上映会5/5(金)-5/20(日)の間の金・土・日 15:00-21:00参加料1,000円
■ HACOX松井智惠 ミニライブ+トーク&バーダビデ参加料
1500円会場:remo tel.06-6634-7737

Installation View

  • An Allegorical Vessels -HEIDI 47
  • An Allegorical Vessels -HEIDI 47
  • An Allegorical Vessels -HEIDI 47
  • An Allegorical Vessels -HEIDI 47